Louis Vuitton 2020年春夏:奇抜、ここに極まれり

パリ・ファッションウィークを華々しく締めくくったニコラ・ジェスキエールが提示したショーは、終末的でありながら楽観的でもあった。きっとこれが、私たちの未来なのだろう。

by Jack Sunnucks
|
29 October 2019, 7:38am

その音は、どこか不吉な印象を与えた。中庭を急ぎながら、ニコラ・ジェスキエールは、フューチャリスティックな雰囲気から、終末的な雰囲気へとコレクションの舵を切ったのだろうか、と考えてしまうほど(なぜなら輝かしい未来が見えない限り、フューチャリストでいることは難しいから)。しかし実際、ニコラが提示したのは、過去と未来を融合した驚くほど希望に満ちたファッションであり、それはニコラ史上、もっともパワフルで奇抜だった。

今回のショーは、ブランドにとっての新たな夜明けのように感じられた。ランウェイの終わりには、動く雲に囲まれたスコットランドのミュージシャン、ソフィーの姿が大きなスクリーンに映し出された。彼女が歌うスローなバージョンの「It’s Okay to Cry」は、ベニヤ板のセットのなかでひときわ存在感を放ち、観る者の涙を誘った。これまでニコラは、宇宙を舞台にしたり、ポンピドゥーセンターを再現したりしていたが、ここまでエモーショナルなショーを提示したことはなかったはずだ。

アイテムもその雰囲気を反映しているようだった。ニコルが加えたのは、1970年代のエッジ。身体にぴったりと沿うジャケット、フリルたっぷりのブラウス、ワイドレッグパンツ、ニットを使用したヒール付きローファーやプラットフォームブーツ。スパンコールニットタンクと、つば付きハットが時折登場し、ノスタルジックで気楽なムードを演出した(VHS型の小さなハンドバッグと合わせるとより一層!)。ニコラは、スーツルックのなかにドレスを点在させ、ボリューム感と奇抜さにおける彼独自の卓越した手腕をみせた。レースがあしらわれたトップに、ボリューミーなヘアスタイルのルックは、ハワイ王国最後の女王リリウオカラニを思わせ、花柄の長袖ジャケットにストライプシャツ、ショートスカートを合わせたルックは80年代らしいヴァイブスを感じさせた。

クロージングルック2体はミニマルなホワイトドレス。そのスッキリしたラインは、コレクションの他のアイテムとはまったく違う、新鮮な印象を与えた。もはや巨匠ともいえるニコラの、ファッションウィークの締めくくりにふさわしいコレクションだった。

1570033139019-SS20C-LVuitton-002
1570033146519-SS20C-LVuitton-005
1570033152925-SS20C-LVuitton-008
1570033164499-SS20C-LVuitton-011
1570033171895-SS20C-LVuitton-014
1570033208293-SS20C-LVuitton-017
1570033215120-SS20C-LVuitton-020
1570033220931-SS20C-LVuitton-023
1570033226618-SS20C-LVuitton-031
1570033232738-SS20C-LVuitton-047
1570033283477-SS20C-LVuitton-053
1570033289777-SS20C-LVuitton-062
1570033296279-SS20C-LVuitton-081
1570033302643-SS20C-LVuitton-107
1570033310523-SS20C-LVuitton-137
1570033350814-SS20C-LVuitton-083
1570033357899-SS20C-LVuitton-126
1570033364725-SS20C-LVuitton-140

Credits

Photography Mitchell Sams

This article originally appeared on i-D UK.

Tagged:
Louis Vuitton
SOPHIE
Paris Fashion Week
PFW
spring/summer 20
ss20