ZINEと音楽の2日間:TOKYO ZINESTER GATHERING 2017

2017年12月2日(土)と3日(日)の二日間、ZINEと音楽その他のライヴパフォーマンスの集い「TOKYO ZINESTER GATHERING 2017(ジンギャザ)」が東京・桜台にあるpoolで開催。

|
nov 28 2017, 9:12am

ZINEと音楽などのイベント「TOKYO ZINESTER GATHERING(通称:ジンギャザ)」が、2017年12月2日(土)・3日(日)の二日間、東京・桜台にあるpoolで開催される。会場の地下0.5階では、ZINEの展示・無料配布コーナー「ジンビキアミスペース(地引き網!)」が設けられる。出展料不要で、自作のZINEを持参して自由に配布・販売・交換ができるそうだ。『日本のZINEについて知ってることすべて』(共著:ばるぼら)を刊行したばかりの野中モモが店主を務めるオンラインショップLilmag、新宿にあるインフォショップIrregular Rhythm Asylum、会場のpoolが共同オーガナイズしている。

二日間の間で地下1階スペースは転換され、1日目の18時からは総勢5組によるライブが開催。ALMA、Americo、Falsettos、Her Braids、MCビル風のプロフィールはtumblrをチェックしよう。2日目の同フロアは「ジンストールスペース」。ジンギャザのオリジナルストール1枚分の面積を活かしてフリーマーケット形式でzineが展示販売(出展は事前申し込みが必要)され、内田るんが出演するクロージングイベントも開催される。注目したいのは、静岡県三島市のオルタナティブ・スペースCRY IN PUBLICと、イラストレーター・コミック作家のカナイフユキ。ZINEのほか合同制作したストールやオリジナルグッズも販売するそうだ。

第12回 TOKYO ZINESTER GATHERING
日時:2017年12月2日(土)、3日(日)
会場:pool 東京都練馬区桜台1-7-7シルバービルB2階