鈴木親の個展「晴れた日、東京」

4月21日よりギャラリーKOSAKU KANECHIKAにてフォトグラファー鈴木親の個展「晴れた日、東京」が開催される。

|
apr 11 2018, 2:37am

鈴木親は1972年千葉に生まれ。そのあと、アンダース・エドストロームが制作したマルタン・マルジェラのドキュメンタリーに感銘を受け、彼に会うために98年に渡仏し、そこで紹介された「PURPLE」誌で初めての仕事が表紙に抜擢される。その後帰国するが、これまでに「i-D」、「LIBERTINE/DUNE」「DAZED & CONFUSED」をはじめとした国内外の雑誌、ISSEY MIYAKEやTOGAなど のワールドキャンぺーン・ビジュアルなどを手がけてきた。

© Chikashi Suzuki, Courtesy of KOSAKU KANECHIKA

本展は、鈴木のこれまでの作品群から花、東京の風景、ポートレイトなど、約30点が展示される。鈴木のディレクションのもとに撮影した写真とスナップを取り混ぜ、未発表の作品も展示され、彼の思考の過程や、その眼差しの広がりを感じさせる展示となる。

これまでエディトリアルでの発表が主だった鈴木親。その制作の多様な側面を、展示空間で存分に味わえるまたとない機会になる。東京を舞台に彼の写真は何を映し出すのか。会場で確かめてみたいと思う。

© Chikashi Suzuki, Courtesy of KOSAKU KANECHIKA

鈴木親展「晴れた日、東京」
会期:2018年4月21日(土) - 6月2日(土)
時間:11:00〜18:00(金〜20:00)
休廊日:日、月、祝
会場:KOSAKU KANECHIKA
住所:東京都品川区東品川1-33-10 TERRADA Art Complex 5F