イシヅカユウ「無理しないで、少しでも過ごしやすく」【離れても連帯Q&A】

〈離れても連帯〉シリーズ第30弾に、ファッションモデルのイシヅカユウが登場。室内でのセルフ・ファッション撮影を続けている彼女は、「遊び心を絶やさないこと」がファッション業界へのいちばんの応援になると話す。

by Yu Ishizuka and Sogo Hiraiwa
|
30 April 2020, 8:00am

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大によって、日本ではいま、多くの文化施設が休業を強いられ、感染防止対策として、あるいは政府による“自粛の要請”によって。また「ステイ・ホーム」や「ソーシャル・ディスタンシング(距離をとること)」が求められ、人と人とのコミュニケーションはいまだかつてなく制限されています。

こうした中でわたしたちには何ができるのでしょうか。文化を維持するために、好きな人や場所を守るためには何が? 離ればなれであっても連帯するには? この"非日常"を忘れないためには? さまざまなジャンルの第一線で活躍している方々にアンケートを実施し、そのヒントを探ります。

今回はファッションモデルのイシヅカユウが登場。

離れても連帯, KEEP-DISTANCE-IN-SOLODARITY

──新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、今あなたが属している業界や産業はどんな打撃を受けていますか? 応援・支援するにはわたしたちに何ができるでしょう?

イシヅカ:ファッションの世界は、全体的な売り上げが著しく落ちていること、そして人が集まる撮影やファッションショーができないことから、経済的にも文化的にも戦後最大の危機(危機という点ではどの業界も当然同じですが)にあると思います。

しかしまた、セルフィや遠隔撮影での表現方法を探ったり、ファッショナブルなマスクを作ったり、試行錯誤の時期でもあります。これから新しい表現方法や文化風俗がどんどん生まれてくると思います。

お家にいても、マスクをしていても、変わらず自分が美しいと思うもの、素敵だと思うものを身に付けようとする遊び心を絶やさないことがこの業界にとっていちばんの応援になります。そしてその遊び心を無くさないためには、決してこの辛い状況を無理しないで、我慢しないで、少しでも過ごしやすく生きることが大切なんだと思います。

──自宅待機以降に新しく始めたこと、もしくはポジティブな影響・変化がありますか?

イシヅカ:元々体を動かすことがあまり得意ではなかったのですが、家にいるとかえって体を動かしたくなってきて、家の中でできるストレッチなどをするようになりました。また、朝日を浴びるように外に出て散歩をしたりすることが増えました(もちろん人と近づかないように気をつけています)。

──コロナのビフォー/アフターで変化した自分の考え方や、社会への認識があれば教えてください。

イシヅカ:皮肉にも、世界は繋がっているんだなと実感しました。そして、自分の生まれ育って今いる日本という国のいい面も悪い面も沢山わかりました。

──2020年2月の自分に伝えたい・教えてあげたいことは?

イシヅカ:特にありません。その頃のことを忘れてしまった。

──今の気持ち・気分を音楽で表すとしたら?

イシヅカ:財津和夫さんの「切手のないおくりもの」

──自宅隔離中の人に試してほしい、オススメの行動やコンテンツを教えてください。

イシヅカ:たくさん本を読んでいます。漫画の『風の谷のナウシカ』は、瘴気に阻まれて世界が分断されている様が今の世界に少し似ていて、いろいろ考えさせられました。でもそういうのだけだと疲れてしまうので、ガルシア・マルケスの『エレンディラ』やボリス・ヴィアンの『うたかたの日々』など、ファンタジックで美しい物語で異世界に飛ぶのがおすすめです。

また、Amazonプライムにある『Dr.スランプアラレちゃん』などの90sアニメ、Netflixならオリジナルドラマの『アンブレイカブル・キミー・シュミット』など、頭を空っぽにして観られるドラマやアニメもリフレッシュできておすすめです。

──コロナ禍で人間の「良い面」も「悪い面」も浮き彫りになりました。あなたが見聞きしたなかで、忘れたくないと思う、印象的な出来事やエピソードがあれば教えてください。

イシヅカ:コロナに罹った人やその家族への偏見や差別、という問題を最近よく見聞きします。これからもっと問題が大きくなっていくのではないかと心配しています。

──コロナ禍が落ち着いた後、日本の社会にはどう変わっていってほしいですか?

イシヅカ:様々な補償や給付金の件など、たくさんの人が声を挙げることで好転したことがこの1ヶ月でもありました。これを機に、これから益々色々な声を挙げやすい世の中になっていったらいいなと思います。

Twitter @ishizukayu Instagram @yu_ishizuka

離れても連帯
Tagged:
COVID-19
Yu Ishizuka