東京のクリエイティブユースに聞いた、<女性であることについて>

女性のクリエイティビティーにスポットライトを当て、彼女たちとその創作性をセレブレートする。今回は東京を中心に活動している、5人のアーティストに<女性であることについて>の様々な質問を聞いてみた。

by Kazumi Asamura Hayashi
|
06 April 2021, 9:14am

2021年のグローバル・ジェンダーギャップ・リポートの中で日本は、G7の中でも最下位の120位。オリンピックにまつわるニュースなどでは、連日本当にがっくりとくることが多く、女性の活躍という点ではいまだに多くの問題点を抱えている日本。私たちが発信している、写真、フィルムなどの業界でも、圧倒的に男性のクリエーターが多いというのが現状です。

このファッションシュートにモデルとして参加してくれた5名の女性たちは、様々な分野で活躍しているクリエイティブユースの皆さんです。彼女たちに、<女性であることについて>の質問を問いかけました。そして率直な考え方と、取り巻く状況を話してくれました。

私たちは、女性のクリエイティブな活動にスポットライトをあてることで、より多くの女性の作品や意見が、もっと世の中に出ていくことを望んでいます。そしてそこから生まれてくる、多様性を持った新しい価値観が出てくると信じています。

shara.jpg
SHARAR WEARS DRESS MIKAGE SHIN. COIN BRA KOTA OKUDA.
shara_2.jpg
SHARAR WEARS DRESS MIKAGE SHIN. COIN BRA KOTA OKUDA. SHOES STYLIST’S OWN.

シャラ

ーあなたはなにをやっている人ですか?

モデルと文筆業

ー自分のキャリアに最も影響を与えた女性は? どのように影響を与えた?

事務所の社長。コンセプトを作ってモデル活動することを受け入れてくれ、ファッションの世界に誘ってくれたこと。

ー女性であることについて学んだなかで最も予想外だったことは?

私は女性としての自意識を持つ前に、「人類」として対峙していたため、あまりないです。

ー女性がリーダーシップを発揮する場をもっと作るために、社会にはなにが必要?

社会の中で、「女性として」や「男性として」こうあるべきなどの意識がなくなること。

ー女性にとってより良い世界を作るためには何をすべき?

物理的でない、数値化できない能力も評価する。

 ー16歳の自分へのアドバイスは?

音楽を作る!

 ー女性であることの何が最高?

女性として何が最高かわからないけど、私として生まれたことで獲得した経験値は全て最高。

 ー女性だからこそ生み出せるクリエイティブとは?

私は男性になったことがないので、比較が難しいですが、「直感」や「勘」が優れていると感じるので、それを活用したクリエイティブ。

ー女性であることで一番困難に思うことはなに?

例えばバンドマンになりたいときに、観客席にダイブしづらいことや、いつでもどこでもヒッチハイク・野宿がしづらいこと、あと何よりも冷え性。

 ー自分が女性であることに対して誇りに思うことは?

母の気持ちがわかること。

ーあなたが人生で成し遂げたいことは?

全ての間を紡いで、対極の世界を繋ぐ。

 ー自分が女性として発信したいことはありますか?またそれはなに?

結婚や女という立場は超えて行けるということ。

kotao_SHARA.jpg
KOTAO WEARS DRESS RYUNOSUKEOKAZAKI. NECKLESS MARLAND BACKUS. SHARAR WEARS DRESS MIKAGE SHIN. COIN BRA KOTA OKUDA.
kotao.jpg
KOTAO WEARS DRESS RYUNOSUKEOKAZAKI. NECKLESS MARLAND BACKUS.

友沢こたお

ーあなたはなにをやっている人ですか?

絵を描いています。

ー自分のキャリアに最も影響を与えた女性は? どのように影響を与えた?

母。男女を越えて堂々としている。

ー女性であることについて学んだなかで最も予想外だったことは?

大学で「女性だったことで今までに嫌な思いをした事」という匿名アンケートを出す授業があったのですが、女性は自分を含め「こんなに嫌な目にあった」という実例がたくさん挙げられたのに、男性はその実例に対して「そんな事は自分の周りでは実際に起こっていないし声も聞いたことがなかった」と、ポカーンとした感じでいました。たくさんの女性が内にかなりいろいろな思いを秘めて、言えないでいるんだなというその現状が、予想外で愕然としました。

ー女性がリーダーシップを発揮する場をもっと作るために、社会にはなにが必要?

長く根深い男女差別の歴史があるので、下の世代を変えていく、という事が必要だと思います。

ー女性にとってより良い世界を作るためには何をすべき?

「料理ができないと旦那さんに捨てられるよ」等の古い呪いを自分で解いて、世代にとらわれる事なく、自分にしか出来ない事をやっていく。「差別なんか絶対にしない」みたいな、言葉や表面上の理解での綺麗事をなくす。何が正しいか、どうして嫌なのか、自分の心の底の声を聴いて行動し発言していく。

ー女性であることで一番困難に思うことはなに?

生理痛や生理前鬱がひどいのですが、共感してもらいにくい事なのでしんどい。

ーあなたが人生で成し遂げたいことは?

全裸で外を走り回ること。

ー自分が女性として発信したいことはありますか?またそれはなに?

絵を描いているので、私の絵を見て欲しい。

cony.jpg
CONYPLANKTON WEARS KNITWEAR SNOWDON. TOP MAGLIANO. HEART NECKLESS MARLAND BACKUS. MONEY CLIP NECKLESS KOTA OKUDA.

Cony Plankton

ーあなたはなにをやっている人ですか?

ミュージシャン

ー自分のキャリアに最も影響を与えた女性は? どのように影響を与えた?

ミュージシャンのGrimes。いわゆる"自分探し"に苦戦していた頃、個性を武器にすること、表現することの素晴らしさを教えてくれました。

ー女性がリーダーシップを発揮する場をもっと作るために、社会にはなにが必要?

私が義務教育を受けていた頃から比べると状況は少しずつ改善されていますが、当時の印象から考えると教育現場での意識改革はまだまだ必要だと思います。女性がチャレンジすることを妨げない、当たり前に応援できる環境づくり。

 ー女性にとってより良い世界を作るためには何をすべき?

自分ができることとしては、自分を自由に表現していくこととか、小さなことでもアクションを起こしていくこと。行動は誰かの勇気に繋がるはずだから。女性の強さがもっと認知されることを祈って。

ー女性にとってより良い世界を作るためには何をすべき?

自分ができることとしては、自分を自由に表現していくこととか、小さなことでもアクションを起こしていくこと。行動は誰かの勇気に繋がるはずだから。女性の強さがもっと認知されることを祈って。

ー16歳の自分へのアドバイスは?

自分が頑張りたいと思うことを一生懸命頑張ってください。

ー女性であることの何が最高?

色々あるけど、やっぱり赤ちゃんを産む機能が備わってる部分は神秘的でかっこいい。

ー女性であることで一番困難に思うことはなに?

PMSと付き合っていくこと。

ー自分が女性であることに対して誇りに思うことは?

女性の気持ちに寄り添えること、娘であること、母性本能があること。

ーあなたが人生で成し遂げたいことは?

好きなことを一生続けて豊かに生活したい。

onodera.jpg
REMI WEARS JACKET SATORU SASAKI. BLOUSE ERIKOKATORI.
niko_.jpg
REMI WEARS JACKET SATORU SASAKI. BLOUSE ERIKOKATORI.BAG KOTA OKUDA.

小野寺 玲実

ーあなたはなにをやっている人ですか?

芸大生です。衣食住身の回りのものをサスティナブルを絡めてデザインしています。

ー自分のキャリアに最も影響を与えた女性は? どのように影響を与えた?

母です。母は元々様々な仕事をしながら自分がずっとやりたかったお店をオープンしました。

私と姉を愛することに尽くし、何事も否定せず、人は行動や気持ちでどんどん変わることや困難なことがあろうとなんとかやっていけるという強い気持ちと望み。自分でも愛されているとわかる、強い愛をくれた人です。

 ー女性であることについて学んだなかで最も予想外だったことは?

世間が差別を大きく問題視していないという現実です。

もちろん変わりつつある社会なのだけどもっと知って欲しいし変わるところは山ほどあると思う。

 ー女性がリーダーシップを発揮する場をもっと作るために、社会にはなにが必要?

ひとりひとりが恥ずかしい、こうでなきゃいけないという概念を捨てること。それと同時に受け入れる世の中の柔軟性。

 ー女性にとってより良い世界を作るためには何をすべき?

差別や個性を認めること。女性だけでなく、全ての人に愛を。

 ー16歳の自分へのアドバイスは?

自分を突き進め!とにかく楽しめ!

 ー女性であることの何が最高?

人間としてみんな最高!

ー女性だからこそ生み出せるクリエイティブとは?

女性だからとか男性だからとかないかな。女性でも男性になれるし、男性でも女性になれます。

ー女性であることで一番困難に思うことはなに?

やっぱり一番は生理ですね。人によってなんとも言えない痛み感じたり、かぶれたりするし。

 ー自分が女性であることに対して誇りに思うことは?

なんだろう。女の子に可愛いと言ってもまだセクハラにならないことかな笑 未来は変わっているのかな。

 ーあなたが人生で成し遂げたいことは?

生きるを楽しむこと。

悩んで、苦労して、緊張して、それを楽しむこと。

 ー自分が女性として発信したいことはありますか?またそれはなに?

パートナーがいなくても気にせんでいいよってことです。私にはパートナーがいたことがありません。

また男性恐怖症というか、前までは男性と話すこともできない時がありました。そんなこんなで男性が好きか女性が好きかもわからずにいます。それを恥だと思ってないし、フリーでいることが楽しいです。しかし周りはそうもいかないから感情が揺れ動くこともたくさんあります。けれど決して焦ることではないと思うし、出会いはタイミング。友達でも家族でも「一瞬」のうちにできていてそれは語りきれないタイミングでできているのではないかと思います。無理してパートナーを作ってもそれは自分のためにはならない。言葉や臆測だけでなく遺伝子的に?野生的に感じるものについて行きたい。そう思っています。

ninon_3.jpg
NINON WEARS DRESS HANNAH YAGI. KNITWEAR SNOWDON. NECKLESS MARLAND BACKUS. EARRING KOTA OKUDA.
nion.jpg
NINON WEARS DRESS HANNAH YAGI. KNITWEAR SNOWDON. NECKLESS MARLAND BACKUS. EARRING KOTA OKUDA.

新音

ーあなたは何をやっている人ですか?

女優/モデル

ー自分のキャリアに最も影響を与えた女性は?どのように影響を与えた?

母です。母もモデルで、小さい頃によく、モデルは生まれ持った外見についてだけの評価じゃなくて芸術品の一部になれる表現力の大事な職業だと、誇りを持って写真に写れと教えてくれました。

ー女性であることについて学んだ中で最も予想外だったことは?

「女性らしい」なんてものは存在しないこと。人はフェミニンな一面とマスキュリンな一面、両方持ち合わせていて一人の人としての自己表現は無限大だということ。

ー女性にとってより良い世界を作るためには何をすべき?

主張をすることすら許されない少女たちのために、男女関係なく全ての人が平等と平和のために働きかけること。意見を持つという権利を持った以上、それを持たない人のために立ち上がる義務が付随していると思う。

ー女性であることの何が最高?

自分が女性であることに誇りを持てるような素敵な女性に囲まれていること。その人達の仲間だと言えること。

ー女性だからこそ生み出せるクリエィティブとは?

クリエィティビティーは性別に関わらず全ての人が平等に表現できるべきであるとは思うが、現状の社会の中で我々女性にしか体験しないことはたくさんあり、それを反射させた芸術は男女の区別がある限り私たちにしかできないことなのではないか。

ー女性であることで一番困難に思うことは何?

女性だから、と決めつけられてしたいことを拒まれること。アイデンティティは流動的で、一人一人、生まれた性別は女性でも違う人生を歩んでいろんなものに感化されて学んできた独立した人間として扱われたい。

ー自分が女性であることに対して誇りに思うことは?

自分は自分のために立ち上がれる女性であるということ、同じ志で立ち上がってくれる女性の仲間が多くいること。

ーあなたが人生で成し遂げたいことは?

一人でも多くの人を感動させたい。

ー自分が女性として発信したいことはありますか?またそれはなに?

女性だからと人に見下されても決して自分を見下してはいけないということ。人は幸福である権利を持っていて生きている間はその権利を最大限まで活用するべきでそれを女性だからと止められる人なんていないということ。


CREDIT

Creative Director Kazumi Asamura Hayashi
Editor Saki Yamada
Photographer Niko Wu
Stylist Riku Oshima
Stylist assistance Yukie Uchiyama
Hair takayuki nukui(Home Agency)
Make up Yuka Hirac 
Make up assistance Ayaka Kazama
Prop Stylist Shizuka Aoki
Prop Stylist assistance Mizuho Hirano

Tagged:
Female Gaze
straightups