古い価値観を脱ぎ捨てることに、 ティファニーの「ハードウェア」が力を与えてくれる

板垣李光人、MEGUMU、YOが出演。ニューヨークの街が持つ力強さとスピリット、そしてストリートにみなぎるエネルギーをジュエリーに込めた『ティファニー ハードウェア』。i-Dがスペシャルムービーをローンチ

by Kazumi Asamura Hayashi; photos by Melon
|
24 June 2021, 3:00am

文化、人種、性差や性的指向など、私たちが多様性に富んだ社会を営んでゆくためには、他者との違いを認め合うことが初めのステップだ。古い価値観や固定観念を脱ぎ捨て、ありのままの姿を受け入れるということが、時には困難を伴うこともある。誰にとってもフェアでポジティブな世界を作ってゆくために、その困難を乗り越えてゆくことが、今を生きてゆく私たちの世界で求められていることだ。『ティファニー ハードウェア』は、現代に生きるクリエイティブユースのポジティブなマインドに力を与えてくれる、そんな存在感のあるジュエリーだ。

ニューヨークの力強さとスピリット、そしてストリートにみなぎるエネルギーをジュエリーに込めた『ティファニー ハードウェア』1971年のアーカイヴにあるユニセックスなブレスレットを着想源とし、ピアスやリング、ネックレス、ペンダントを含む新しいコレクションとして登場した。エッジの効いたデザインには、ジュエリーから放たれるパワーがみなぎっている。

 今回の『i-D Japan x Tiffany HardWear 』のスペシャルムービーには、3人のチェンジメーカーが出演してくれた。板垣李光人、MEGUMU、YOの3人は、自分たちのプラットフォームを通じて、ポジティブなメッセージを発信している。彼らは、声を上げることが世の中を変えてゆくための、自分だけの方法だということを知っているのだ。

監督は堀田英仁。個々の個性を鮮やかに切り取った映像を送り出した彼は、CHAI、踊ってばかりの国、AwichなどのMVを多数手がける監督であり、アップカミングな映像作家だ。

『ティファニー ハードウェア』が放つ、輝きが溢れたスペシャルムービーを楽しんで欲しい。

TIFFANY HARDWEAR COLLECTION
ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク
LINE / Instagram/ Twitter/ Facebook


CREDIT

STARTING RIHITO ITAGAKI WEARS DOUBLE LINK PENDANT IN 18K ROSE GOLD. NECKLACE IN 18K ROSE GOLD. RING IN 18K YELLOW GOLD. WRAP NECKLACE WORN AS BRACELET IN 18K YELLOW GOLD. ALL JEWELLERY FROM TIFFANY HARDWEAR, TIFFANY & CO.

YO WEARS EARRINGS IN 18K GOLD. NECKLACE IN 18K ROSE GOLD. BRACELET IN 18K YELLOW GOLD AND 18K ROSE GOLD. ALL FROM TIFFANY HARDWEAR.

MEGUMU WEARS EARRINGS IN 18K ROSE GOLD. NECKLACE IN 18K ROSE GOLD. BALL PENDANT IN 18K ROSE GOLD. RING IN 18K WHITE GOLD. RIGHT-HAND BRACELET IN 18K ROSE GOLD. LEFT-HAND BRACELET IN 18K ROSE GOLD.


STAFF
Director Hideto Hotta
Director of Photography Ryuto Iwabuchi
2nd Camera Kousuke Sai
3rd Camera Chihiro Takizawa
DIT Naoki Netsu
Music by Kotsu (CYK)
Colorist Toshiki Kamei
Prop Stylist Hiroshi Ohno
Prop assistant Hiromi Ameku
Sewing Keisuke Maru

Stylist Masako Ogura
Styling assistance Kana Hashimoto
Hair Kazuki Fujiwara
Hair assistance Motoharu Iwaizumi
Make-up Yuka Hirac
Make-up assistance Ayaka Hamamoto

Still Photographer Melon

Producer Yoshiki Ishii (kirameki)
Production Manager Chii Orime (kirameki)

i-D Japan
Creative Director Kazumi Asamura Hayashi
Creative Producer Emi Arai
Project Manager Margarett Cortez

Tagged:
Tiffany Hardwere