Advertisement

新時代の到来:Chanel 2020春夏 コレクション

ヴィルジニー・ヴィアールがココ・シャネル的、カール・ラガーフェルド的なクラシックデザインに、若さみなぎる新鮮なセンスを取り入れ、パリの屋上を舞台に提示した最新コレクション。

by Osman Ahmed; translated by Ai Nakayama
|
17 October 2019, 1:16pm

Chanelの2020年春夏コレクションショーの舞台はパリのトタン屋根の上だった(Chanelという敬愛すべきファッションブランドの限界は、いつだって空をも超えてゆく)。ヴィルジニー・ヴィアールが手がけたコレクションの根底にあったのは、気軽さと実用性。新鮮な若さがみなぎるChanelのクラシック・ワードローブが数多く登場した(ショーのフィナーレにはユーチューバーが乱入したが、隣にいたジジ・ハディッドは平然としたまま、堂々たる歩きぶりをみせ、そのハプニングさえもショーにふさわしいとさえ思えた)。

カール・ラガーフェルドは新奇なアクセサリーやキッチュなメイクアップを厳しく批判したが、本コレクションで登場したモデルたちもナチュラルメイクで、無造作な髪型にシンプルなスタイリング。ココ・シャネルの金言「優雅さとは拒絶すること」と共鳴するがごとく、余計なものをまとっていなかった。

カールがこの世を去り、彼のあとを継いだヴィルジニー・ヴィアール。彼女がはっきりと打ち出したChanelのヴィジョンとは、あらゆる年齢の女性たちのためのホーム。Chanelのアイテムを何度も着たいと望み(どのコレクションのアイテムだ、とすぐにわかってしまうのではなく)、そのアイテムをまとって動き回り、踊り回る女性たちだ。

「パリの屋上は、ヌーヴェルヴァーグの雰囲気を想起させる」とヴィルジニーはステートメントで述べている。「私が見たのは屋上の上を歩くシルエット。私がイメージしたのはジーン・セバーグを演じるクリステン・スチュワート、そして当時、ガブリエル・シャネルの服をまとっていたすべての女優たち」。コレクションのなかでもとりわけ力強い、ビートニクにインスパイアされたオールブラックのアンサンブルをみれば、その言葉にも納得できる。ジーン・セバーグや、『パリの恋人』のワンシーンで、モンマルトルのカフェで真っ黒の服に身を包み軽やかに踊るオードリー・ヘップバーンをも思い出させるルックだ。

エッジに赤色のロープ風の装飾が施されたショート丈のレザージャケットに、ホワイトのTシャツをチューリップシェイプのタフタスカートにタックインしたルックも実に魅力的。ハイウエストジーンズにタックインしたボーダーシャツ(いかにもセーヌ左岸的だ)、ブラックタイツとチェーンベルトに合わせ、長袖ブラウスと着こなすすっきりしたブルマ型のショートパンツも登場。クリステン(ジーン・セバーグを演じる彼女ではなく、彼女本人)が着用する姿も想像できる。

さらにヴィルジニーは、因習を打破するココ・シャネル、あるいはカール・ラガーフェルドの主義をしっかり受け継いだ。その哲学は、Chanelブランドの素材にも染み込んでいる。ツイードスーツは丈が長めになり、肩は少々広め。スカートは若々しさを強調するようにふわっと広がっている。キルテッドバッグはトップハンドルがついた四角いデザイン。ツートーンのパンプスは肌を多く見せ、アンクルストラップとポインテッドトゥが特徴的だ。

時折、〈シャネルツイード〉とは趣を異にしたクラシックなルックも登場した。タフタできちんと感のある1965年風ルックに仕上げていたり、エッジにシルバーのブレイドが施されたシンプルなブラックジャケットとプリーツ入りのパフボールスカートを合わせたり。シックでシンプルで、時代を問わずに着用できるアイテムだ。ランウェイを歩くモデルを見ていると、ヴィルジニーが自分のChanelのヴィジョンの本質を削り出し、自分のアイテムが独立してストリートで着られることを考えたであろうことは明白だ。

イブニングウェアにも、大量の羽やスパンコールではなく羽のように軽く透ける、ブラックのオーガンザを使用し、落ち着いたスタイルに。何年先でも色褪せない、シンプルなコレクションに仕上げていた。

1570008666406-SS20C-Chanel-001
1570008678073-SS20C-Chanel-004
1570008688506-SS20C-Chanel-013
1570008695549-SS20C-Chanel-022
1570008702393-SS20C-Chanel-034
1570008742935-SS20C-Chanel-041
1570008748909-SS20C-Chanel-049
1570008756417-SS20C-Chanel-061
1570008763003-SS20C-Chanel-067
1570008769487-SS20C-Chanel-085
1570008830993-SS20C-Chanel-091
1570008837289-SS20C-Chanel-106
1570008843888-SS20C-Chanel-112
1570008850223-SS20C-Chanel-136
1570008857280-SS20C-Chanel-140
1570008898535-SS20C-Chanel-214
1570008890966-SS20C-Chanel-235
1570008905976-SS20C-Chanel-247

Credits

Photography Mitchell Sams

This article originally appeared on i-D UK.

Tagged:
Chanel
Paris Fashion Week
PFW
spring/summer 20
ss20