YAKUSHIMA TREASURE Photography Saki Yagi 

水曜日のカンパネラ・コムアイとオオルタイチが踊る〈YAKUSHIMA TREASURE〉ライブレポート

8月22日、”一夜限りの屋久島”が水曜日のカンパネラとオオルタイチによって恵比寿リキッドルームに出現した。

by YOSHIKO KURATA; photos by Saki Yagi
|
06 September 2019, 3:24am

YAKUSHIMA TREASURE Photography Saki Yagi 

水曜日のカンパネラとオオルタイチが共作したEP『YAKUSHIMA TREASURE』をきっかけに始動したニュープロジェクト〈YAKUSHIMA TREASURE〉が初のワンマンライブを恵比寿リキッドルームで行った。

ライブ中に起きたことは、まるで日本のファンタジーの一説のようだった。ここ、日本では、往々にして日常の延長線上に起こるもの、例えば、西洋では人とは”異なるもの”の存在を恐れ排除しようとする、〈魔女〉や〈狼男〉がそうだ。その一方で、日本のファンタジーでは、〈妖怪〉は人々の生活の中 ── 山や川、家などに宿る魂として、 想像力によって生まれ、私たちの日常へと招き入れられてきた。西洋と比較すると、日本では、人と”異なるもの”との”共存”を描くことも多く、例として山の巨人として有名な〈ダイダラボッチ〉はその巨大な体で各地を練り歩くことで、山をつくり土を運び、足跡を残すことで湖ができ、ときには人を助けたり、新たな地をつくるといった伝承を残している。いわゆる、人間至上主義ではない日本固有のアニミズム精神(自然界のそれぞれのものに固有の霊が宿るという信仰)だ。その想像力は、あらゆる自然や動物、”異なるもの”=〈もののけ〉にも魂を見出し、日常の中の幻=ファンタジーとしてみせる。その光景に似て、和紙の衣装を纏ったコムアイとオオルタイチが腰を下ろした座敷のステージでは、ステージ頭上の天に浮遊する自然を祀るかのように、2人が身体を揺らして唄うことによって、次第に形を変えていくのだった。

1567394452721-190822_0869

2019年4月にYouTube Originalsで発表された、水曜日のカンパネラと屋久島のコラボレーションを試みた作品『Re:SET』。水曜日のカンパネラとオオルタイチが屋久島と取っ組み合い、島に響く全ての音 ── カエルの鼓動、木々を打つ雨、村のおばあちゃんたちとの唄など ── を採取、EP『YAKUSHIMA TREASURE』としてリリースされた。

アイヌの〈ウポポ(伝承歌)〉である『オロロピンネ』とともに会場は漆黒の闇に包まれる。EPに収録されている『地下の祭儀』からジワジワと場の雰囲気が変わり、『島巡り』から『殯舟』『東』まで、シームレスに続く。その様子は、自然が自らの鼓動、何かとのふれあい、天気の変化によって生む「声」と同じく、コムアイもその身体から溢れ出る「声」を彼らと共鳴しながら、ひとつになり、私たちを島巡りへと誘うようだ。

1567394525720-190822_0522

屋久島の自然を壊滅させてしまった縄文時代の鬼界カルデラ噴火を歌う『屋久の日月節』が終わると、華道家・上野雄次が数多のビニール袋を担いで登場。上野は無我夢中にビニール袋に入ったその土を座敷に撒き散らし、次いで苔を積み上げる。まるで、ステージ頭上の木々がふたりの歌声に共鳴し身体を揺し、天から声を発するようだ。その間、自然が憑依したかのように一心不乱にパフォーマンスするコムアイとオオルタイチは、実際には風も雨も光もないライブ空間のなかで、あたかも豪雨や大地の躍動が巻き起こる島の景色を自らの身体を用いて描いた。そうして、その様を見ていた第三者らとのシンクロによって、座敷とすべてを巻き込み、ひとつの島の日常として一体化させたのだ。

1567394597473-190822_0528

エネルギッシュなパフォーマンスが終わった後は、オオルタイチが作詞作曲をした水曜日のカンパネラの曲『愛しいものたちへ』を唄い、ステージに積み上がった山に屋久島の民話の本を広げ、屋久島の子守唄である『宮之浦の子守唄』を穏やかに歌う。その後の透き通った空気が流れる会場に、初めの曲に同じくオオルタイチの作詞作曲である水曜日のカンパネラの曲『ユタ』が披露された。沖縄県と奄美諸島に古くから存在していると言われているシャーマン(ユタ)を題材にしたこの曲、それを唄うコムアイには遠く離れた島の自然や空気すべてを私たちに透視させるかのような、シャーマン的な力を放っていた。

1567394618181-190822_1015

最後には、オオルタイチが一昨年にリリースした般若心経を英語にした『パンニャ』と静かなインプロヴィゼーションによって、90分の世界はまるで幻のように幕を閉じた。

今後、〈YAKUSHIMA TREASURE〉は様々なフェスティバルを飛び回り、その土地々々の大地とともにそこでしか生まれない神秘的な体験をみせていくのだろう。

【LIVE INFO】
2019.9.8(日) @SUNSET LIVE 2019(http://sunsetlive-info.com/
2019.9.16(月・祝)@渋大祭(https://shibutaisai.com/
2019.9.28(土)@りんご音楽祭(https://ringofes.info/
2019.10.12(土)@全感覚祭19 – NEW AGE STEP -(https://zenkankakufes.com/
2019.10.22(火・祝)@True Colors BEATS(https://truecolors2020.jp/
2019.10.25(金)@ボロフェスタ2019(https://borofesta.jp/
2019.11.2(土)& 3(日)@FESTIVAL de FRUE 2019(http://festivaldefrue.com/

【YAKUSHIMA TREASURE】
水曜日のカンパネラ & オオルタイチ 『YAKUSHIMA TREASURE』
https://wedcamp.lnk.to/yakushimatreasurePu


Credit

Photographer Saki Yagi
Text Yoshiko Kurata

Tagged:
japan
tokyo
reset
shaman
humanism
yokai
Animism
Mononoke
liquidroom
kom i
wednesday campanella
yoshiko kurata
youtube originals
YAKUSHIMA TREASUR
oorutaichi
Saki Yagi
YUJI UENO
YAKUSHIMA
SUNSET LIVE 2019
SHIBUTAISAI
RINGOFES
NEW AGE STEP
SENKANKAKUFES
TRUECOLORSBEATS2020
BOROFESTA2019
FESTIVALDEFRUE