グッチが1000冊限定の“百科事典”を発売

アレッサンドロ・ミケーレの「A」、ブックの「B」、そしてコレクターの「C」。

|
jul 4 2017, 7:20am

Image via IDEA

いますぐKindleを投げ捨てて! あなたの寝室のベットサイドテーブルを何倍もおしゃれにしてくれるアートブック『Hortus Sanitatis』をGucciがリリースしたのだから。ラテン語で"健康の庭"を意味する Hortus Sanitatisは、1485年に発売された世界初の百科事典の名前にもなっている。アレッサンドロ・ミケーレが手がけたコレクションテーマが"グッチ・ガーデン"と、その豊かさと動物的な美であるGucciにとって、うってつけのネーミングだ。

とはいうものの、『Hortus Sanitatis』はただの博物誌ではない。そこには、美の都ローマで撮影されたプレフォール・コレクションの美しい衣服を纏ったモデルたちの姿が収録されている。つまり、本当の意味で、とても、とても美しい書物なのだ。

撮影を担当した写真家デレック・リジャーズは、70年代のロンドンパンクや80年代のスキンヘッドといったサブカルチャーや音楽、ファッション、映画などの文化的視点におけるストリートスタイルや、お気に入りのサッカーユニフォームを着たスパイス・ガールズの写真を撮影したことで知られている。

価格は75ポンドと、本にしては高い値段のように感じられるが、1000冊のみの限定品だと考えると安いのではないだろうか。ロンドン、ニューヨークのドーバーストリートマーケットやパリのコレット、ミラノのディエチ・コルソコモ、その他の限られた店舗で7月5日より販売される予定だ。

Credits


Text Georgie Wright
Translation Aya Ikeda