P.A.M.とFACETASMによるコンセプチュアルブック

パリを拠点に活動するオーストラリア発のストリートウェアレーベル、P.A.M./Perks and Mini(パム/パークスアンドミニ)とFACETASMの呼びかけにより、世界で活躍する8人のアーティストが参加したコンセプチュアルブックが発表された。

by Youji Kuze
|
30 June 2017, 11:36am

P.A.M.とFACETASM─パリと東京を体現するストリート育ちのファッションブランド。この両者の呼びかけにより、東京、パリ、アムステルダム、ロンドン、ニューヨークから集まった全8アーティストらと共にコンセプチュアルブックを制作。6月25日(日)フランス・パリにてローンチ、国内では7月に販売をスタートする。

それぞれのブランド名をつなげ合わせ《PAMTASM》と名付けられた今回のプロジェクトは、"FACETASM"の由来である「さまざまな顔」というキーワードをもとに、P.A.M.側の視点から、前後「2つの顔」を持つとされるローマ神話の神、JANUS(ヤヌス)にインスパイア。ファッションデザイナー、現代アーティスト、フォトグラファー、グラフィックデザイナー、メディアアーティスト… それぞれが思い描く5つの"FACE(顔)"を制作してもらい、一冊の本に集約。中央(目と口部分)で分断されたページをめくると、異なる2つの"FACE"が組み合わさって、新しい顔が浮かび上がる、という仕様だ。

今回のアートプロジェクトに併せ、"PAMTASM"カプセルコレクションも7月19日(水)に発売することが決定。それぞれの定番アイテムをベースに、さまざまな"FACE"をデザインに落とし込んだコーチジャケットやTシャツ、キャップなど全8型展開する。

また、ブックのリリースを記念し、7月13日(木)にはBOOKMARCにてローンチパーティーが、また7月14日(金)には渋谷・Contactにてアフターパーティも開催される予定だ。

PAMTASM CONCEPTUAL BOOK

<参加アーティスト>
ARI MARCOPOULOS
DAISUKE YOKOYAMA(Sasquatchfabrix)
DAITO MANABE(Rhizomatiks Research)
FERGADERIC
HIROMICHI OCHIAI(FACETASM)
MATT DAMHAVE
MISHA HOLLENBACH(P.A.M.)
SK8THING(C.E)

Credits


Text Youji Kuze

Tagged:
P.A.M.
perks and mini
facetasm