的場良平が手がけるショップ offshore

3月7日、LABORATORY/BERBERJIN®︎に所属する的場良平の手がけるショップ"offshore (オフショア) "が原宿にオープンした。

by Yuuji Ozeki
|
13 March 2017, 10:41am

BERBERJIN®︎のショップマネージャー、的場良平が一風変わったショップをオープンさせた。

"ノン・シーズン・アプローチ"をキーワードに、思い付いた時その都度、服を提案していく。顧客のニーズを反映させ易い環境をショップ作りの理想に掲げた新しい試みだ。店名のoffshoreは直訳すると"沖合の"、"海外で"、という意味であったりサーフィン用語や金融用語に使われる言葉だが、ここでの"offshore"は、人が集まるハブ・スポットになってほしい、という願いのもと"別荘感"を意味しているとのこと。ロケーションは表参道小学校の少し奥に入った閑静なエリアにあり、放課後の溜まり場と言うべきか、店内にはリラックスできる"off"な空間が広がっている。

関東では初の取り扱いとなるTHREE FACE、俳優の村上淳が手掛けるブランドMADE IN GM JAPAN とtr.4 suspension に加え、完全ハンドメイドのバッグブランド Luckzakなど、他所ではあまり見かけないブランドを主力に展開する他、マルタン・マルジェラが手がけていた頃のHERMESをはじめとした、同店で"spice"と称されるヴィンテージアイテムが豊富に揃う。COMME des GARÇONS、STUSSY、FUCT、クチュールのVERSARCH、BANANA REPUBLICのサファリラインなどコアなファンの多いブランドが多いのも印象的だ。また、"Blend"と名付けられた別注やコラボなどのスポットアイテムは週1ペースで新商品が入荷する。同店は2つの店舗から成り、ウェアを販売する店舗とは別にコーヒースタンドも設けられている。併設させた1番の理由に、立ち上げた的場自身が一日10杯以上ラテを飲むこともあって、スタンドにはマルゾッコのエスプレッソマシーンを導入、バリスタのスタッフも常駐させるなど、こちらの方にも拘りが感じられる。ちなみに室内には一部喫煙可能エリアがあるのだが、的場曰く喫茶店という日本文化に対するリスペクトの表れだという。

現在オープンを記念して、PHINGERIN、Diaspora skateboards、F-LAGSTUF-F、CYDERHOUSEの4ブランドが製作した限定アイテムも販売中。紋切り型のセレクトショップに食傷気味な人には是非訪れてみて欲しいショップだ。

offshore (オフショア)
住所:東京都渋谷区神宮前3-14-17 1F A/B
tel/fax:03-3470-6877
営業時間:11:00-20:00
取扱いブランド
CYDERHOUSE
Diaspora skateboards
F-LAGSTUF-F
Luckzak
MADE IN GM JAPAN
PHINGERIN
THREE FACE
tr.4 suspension
spice(Vintage)

Credits


Text Yuuji Ozeki

Tagged:
SPICE
fashion news
Offshore
cyderhouse
diaspora skateboards
f-lagstuf-f
luckzak
made in gm japan
phingerin
ryohei matoba
three face
tr.4 suspension