Gucciの広告モデルは痩せすぎ?

Gucciの2016年クルーズ・コレクション広告が、英国広告基準局により「無責任」と判断。

by Hannah Ongley
|
25 April 2016, 1:50am

@averyblanchard

Gucciが2016年クルーズ・コレクションの広告キャンペーンを公開したとき、話題となったのは主にモデルたちの下手なダンスと豪華なファッションだった。アライブ・シー・ダイドがカバーした、ジョイ・ディヴィジョンの「She's Lost Control Again」にあわせて踊るモデルたちの動きがあまりに滑稽だったためだ。

その後、2015年12月に『The Times』誌のウェブサイトにアップされた同キャンペーンのスチール写真も大きな話題となった。起用されているモデルが痩せすぎていることがクロースアップされ、議論を呼んだのだ。読者からの抗議を受け、この件に介入したASA(英国広告基準局)は、この広告に起用されたモデル、エイブリィ・ブランチャードのポーズと体型を「社会的に無責任」な広告だと判断した。

「モデルの上半身と腕は細すぎ、頭部と下半身の均整がとれていない。そして、モデルのポーズは上半身を細長く見せ、腰の細さを強調してる」とASAは判断した。また「顔を曇らせたモデルの表情とダークなメイク、特に目の周りに施されたメイクは彼女にやせ衰えた印象を与えている。これらの理由をもって、壁にもたれかかっているモデルは痩せすぎており、この広告は社会的に無責任なものに相当すると判断した」とASAは発表した。

Gucciはこれに反論。モデルたちはもともとスリムな体型をしており、"不健康なほど細く"見せようとしたわけではなく、モデルが不健康なほどに細く見えるか否かは主観的なものだと主張した。さらに、「骨が浮き出たようなモデルは広告のどこにもいないし、照明は均一で、影でくぼみを作ることなく、温かさを保っている」と加えた。

モデルたちの体型に目を光らせているのはASAだけではない。昨年、フランスは、健康的なBMI値を証明する医師からの診断書の提出をモデルたちに義務付ける法律を可決し、摂食障害の改善に取り組みだした。米カリフォルニア州でも同様の法律が提案されており、これが可決すれば、一定基準を満たさないモデルを雇用したモデル事務所には多額の罰金が課されることとなる。

Credits


Text Hannah Ongley
Image via Instagram
Translation Shinsuke Kuriyama at WORDSBERG Inc.

Tagged:
Fashion
Gucci
body image
Advertising Standards Authority
asa
model health
avery blanchard