誕生25周年の進化を追う「UNDERCOVER」初の作品集

立ち上げから25周年という節目を迎えたアンダーカバーが、ブランド初となる作品集を発売する。

by i-D Staff
|
10 June 2016, 5:30am

Photo by Katsuhide Morimoto 1994-95 Autumn/Winter

2006年の秋冬コレクションで、高橋盾が生み出したクリエーションにファッション業界は度肝を抜かれた。頭から顔までをバンデージで覆ったモデルたちがランウェイを歩く様は、美のなかに攻撃性と退廃性をひそませる、アンダーカバーの耽美な世界を象徴しているようで、衝撃的だった。6月15日に発売されるブランド初となる作品集『UNDERCOVER』の表紙には、あのコレクションで登場した1体が描かれている。まとっているのはとてもシンプルなキャミソールだ。あのとき、非現実なモデルたちがまとっていたのは、ウェアラブルで現実的なデザインだったという鮮やかな対比は、毒気とユーモアだけでなく、深い思索に裏打ちされた"迷宮"のようなアンダーカバーの奥深さを物語っている。

これまでのランウェイ写真や制作されたビジュアル、撮り下ろしたアイテム写真など300点以上をまとめた同書で、アンダーカバーの軌跡を振り返ることができる。が、ブランドのすべてを理解することはできない。一筋縄ではいかないのは、ご承知のとおりだ。ただ、常にメタモルフォーゼを遂げ、深みを増してきた迷宮を垣間見、迷い込んでみてほしい。深みにハマって戻れなくなる可能性はあるけれど。

Photo: Mamoru Miayzawa 2005-06 Autumn/Winter "ARTS & CRAFTS"

Photo by Katsuhide Morimoto 2007 Spring/Summer "PURPLE"

『UNDERCOVER』(Rizzoli New York)
¥8,800(税別)¥12,800(スペシャルスリップケース付き、税別)

Credits


Text Kanayo Mano

Tagged:
Fashion
undercover