よりダークで、よりゾッとする『サブリナ』が今秋Netflixに登場

Netflixによる海外ドラマ『サブリナ』のリブート・シリーズが、全エピソード一挙配信。

by Mitch Parker; translated by Ai Nakayama
|
aug 27 2018, 3:25am

今すぐカレンダーに予定を入れておこう。人気海外ドラマ『サブリナ』のダーク版、リブート・シリーズ『The Chilling Adventures of Sabrina』のNetflixでの正式な配信日がついに発表された。7月30日にNetflixが告知したところによると、シリーズ2作、各10エピソードが一挙配信されるのは、ハロウィンに合わせた今年10月26日だそうだ。

ドラマシリーズ『マッドメン』に出演したキーマン・シプカが現代版『サブリナ』の主人公を演じる本作は、現代版とはいえ、あの90年代末の時代を感じるお気楽なシットコムとはまったく違う。『The Chilling Adventures of Sabrina』は、人気青春ドラマ『リバーデイル』の製作総指揮、ロベルト・アギーレ=サカサが脚本・監督を務める本作は、2014年にアーチー・コミックが出版した『サブリナ』のダーク版コミックを原作としたホラードラマで、ホラー映画の金字塔『ローズマリーの赤ちゃん』や『エクソシスト』からインスパイアされている。

「よりダークで、よりゾッとする『サブリナ』です。サブリナというアイコニックなキャラクターを自分のものにしているキーマンをみなさんにお見せできるのが、とても楽しみです」とロベルト・アギーレ=サカサは今年1月に語った。

This article originally appeared on i-D AU.