Images courtesy of Pansy Magazine

男性性に挑む男性誌、『Pansy』

そんなフレアの派手なホットパンツなんて履くな、って口うるさいパパに耳を貸さなくていいんだよ、と教えてくれる『Pansy』。

by Zio Baritaux; translated by Ai Nakayama
|
01 August 2019, 8:53am

Images courtesy of Pansy Magazine

パールのイヤリング、ピンクのチーク、ツヤ肌。これまでの男性誌では扱われなかった被写体だ。新しくローンチされたマガジン『Pansy』は、そこを突く。「本誌が扱うのは、進歩的で、個性的で、セクシーなイメージ。男らしさや、マッチョな男性性を笑い飛ばしてしまうような」。そう明言するのは、発起人で編集者のマイケル・オリヴァー・ラヴ、23歳。「遊び心がありながら、パワーもある」。印象的なかたちのイヤリング、フローラルハット、ピンクのレギンスとハイヒール、そしてキラキラのジャンプスーツでふわふわのラマと戯れる…。全100ページにも及ぶ創刊号には、こんな男性たちのエディトリアルが満載だ。「これらのイメージを通して、社会の典型的な規範に縛られない、新しい男性性を提示しています」とラヴ。「すごく深いと同時に、すごくキュートでしょう」

—— あなたが育った場所について教えてください。

夫婦や高齢者が多い、昔ながらの趣のあるビーチタウンで育ちました。老後に住むには良い街だとは思いますが、クィアの子どもにとっては、ちょっと遅れてるし保守的ですね。小さな町特有のルールやおかしな考えかたが長年蔓延しているから、若者はだいたい外に出ます。

—— あなたがカミングアウトしたのは何歳のとき? どんな経験でした?

私がカミングアウトしたのは…というか、することになってしまったのは、17歳のときです。簡単にいうと、弟が私のカメラを持ち出したんですが、中には私や当時の元カレのちょっとヤバい写真が入ってて。それをみた両親が話をしにきたんです。ヤバいでしょう。そうやって白日のもとにさらされるまでは長い道のりだったし、葛藤も多かったですね。屋根の上で秘密のデートを重ねたり、宗教の教えに悩んだり、ひとりで不安を抱えたり。でも、両親に秘密を知られたとき、恐れていた悪夢のようにはならなかった。両親はとても協力的で、温かく受け入れてくれて、私は私を異常だと思わずにすんだ。だから、あの経験については感謝してます。みんながみんな、こんなにラッキーなわけじゃないから。

Pansy Magazine

—— この雑誌を『Pansy』と名付けたのは?

パンジーは、スミレ属の花ですが、〈男性らしくない〉男性を軽蔑するときに使われてきた言葉です。ある意味で、繊細さを表す言葉。先ほど述べた小さな町で生まれ育った私は、この言葉に長いこと脅かされてきた。だから反撃したいって思ったんです。今の私にとって、〈パンジー〉とは勇気。規範に抗い、それぞれの個性を大事にすることを意味する言葉。私は〈ひととは違う〉ということを意味する形容詞としての〈パンジー〉を提案したい。

—— サイトに掲載されている雑誌の説明、すばらしいと思います。「『Pansy』が伝えるのは、そんなフレアの派手なホットパンツなんて履くな、って口うるさいパパに耳を貸さなくていいんだってこと」。これってご自身が実際に体験したことですか? あと、『Pansy』の想定する読者について、もう少し教えてください。

本当に実体験だったらよかったんだけど、残念ながら違います。私の父は派手なホットパンツには何もいいませんでした。あんなステキな父親はいないですね。これは単に、『Pansy』が社会に蔓延する典型的な男性らしさから脱却しよう、何か新しいことを試そうとしている雑誌だ、ということを示すための説明。そういう意味で、『Pansy』はみんなのための雑誌です。クィアでも、ストレートでも、クールでも、ダサくても、どんなひとでも大歓迎。正直、〈誰のため〉の雑誌かはどうでもいいんです。大事なのは、雑誌全体としてのメッセージ。ジェンダーの垣根を壊し、みんなが楽しめるような新しい、自由な何かを提示する、ってこと。

Pansy Magazine

—— イメージのアイデアはどう浮かんだんですか? 第1号でいちばんお気に入りなのは?

目を愉しませてくれるような、そしてインスピレーション源になるような、驚きのヴィジュアルをつくりたかったんです。少なくとも私自身にとって。そういう想いがベースにあったから、世界中から送られてきた美しいコンテンツをみたときは心から驚きました。私のお気に入りは、ヒトデや風にたなびく布が印象的な、ルネサンス風の人魚ボーイ。もっと前進していきたい。これから読みものやインタビューなども増やしていきたいですね。まだ始まったばかりです。

—— 十代のころの自分に何かひとつメッセージを送るとしたら?

そのハイライトいらなくない?

Pansy Magazine
Pansy Magazine
Pansy Magazine

This article originally appeared on i-D US.