SMELLS LIKE TEEN SPIRIT

1994年にロンドンでスタートしたALLSAINTS。ロンドンのリージェントストリートやNYのSOHOをはじめ世界18カ国で145の店舗を持つメガブランドだ。その規模感からは程遠いストリート・アティチュードを色濃く残す彼らのコンセプトは、ユースカルチャーと密接なチーフ・クリエイティブ・ディレクター、ウィル・ビードルの「ティーン・スピリット」が源にある。

by Kurumi Fukutsu
|
27 April 2016, 10:50am

ALLSAINTS autumn/winter 16-17

ロンドンやNYのストリートで集めた若者達に、思いのままに着こなしてもらう。「バイカーズ・ポートレイト」と名付けられたそのポートレイトシリーズは、ALLSAINTSの主力商品であるバイカージャケットにリアリティを持たせ、ブランドのコンセプト自体も前面に打ち出す、数少ない成功例の一つだ。「フォトグラファーや、スケートパークでスケートしているキッズ、昔はスーパモデルだった女の子もいるし、みんなそれぞれ違うバックグラウンドを持っているヤツらがモデルになっているんだ。ALLSAINTSのバイカージャケットを着て一体感を出す、でも彼らを繋げているのは各々がもつ"アティチュードとスピリット"なんだ」とウィルは語る。

ALLSAINTS autumn/winter 16-17

「今週は、ストリートで"ニュージェネレーション"のモデルたちをキャスティングしていたよ。ニューヨークで開催した2016-17年秋冬コレクションのショウでは、3日間に渡ってストリートキャスティングをして、そのモデルたちに自分の好きな服をラックから選ばせたんだ。これはもう僕だけの考えじゃなく、ブランドの考え方として。僕も消費者として、何かをしろと押し付けられるのは嫌だし、他の消費者も命令されるのは好きじゃないと思うんだ。だから、最新コレクションはひとりひとりが持つスタイルの個性、自信、スタイルを大事にできるものに作り上げたかった」。

時代が大きく動く瞬間——例えば「UNDERCOVERが初めてパリでショーをした時、エディ・スリマンがDIOR HOMME を手掛け一大センセーションを起こした時。パンク創世記のキングスロードを見て育ち、そしてロンドンに戻った今、再度イーストの盛り上がりを目の当たりにしている。ラッキーなことに、常にその場所にいた」と話す。彼にとってユースカルチャーとは、ブランドを作り上げる上でとても大切なことなのだ。
「現代は、新しいことを怖がらないスピリットはとても素晴らしいと思うし、ロンドンが今一番この流れを作り上げていると思う。1枚や2枚の写真がどうこうできるということではなく、彼らの声に誰かが答えたときに何が起こる。15〜21歳の子たちが一丸となって何かを変えようとして動き、実現の仕方を見つけた時、今のカルチャーにとても影響すると思う。すごいことだよ。僕がティーンだった時にニルヴァーナが『NEVER MIND』をリリースしたんだ。今まで聞いたことのないような音楽をプレイするバンドがスタジアムを満席にしていたんだよ、すぐ好きになったね。音楽を通じて強いメッセージを伝える、そのコミュニケーションの取り方に感動したよ。僕はALLSAINTSというブランドを作り上げる上で、そういう風にしてきたいとは思っているんだ。イーストロンドンはとてもエキセントリックで、スピリットがある街。でも、とても皮肉的な世界。僕たちのスピリットやメッセージに誠実でいて、全員がのめり込むことができて、音楽のように自分のものにすることができたら、素晴らしいことだと思う」。

ALLSAINTS autumn/winter 16-17

「ロンドンのユースカルチャーは恐れを知らない。ニューヨークもさまざまなことが起きていて、改めて面白いと思う。東京も独特だよね。2016-17年秋冬シーズンのキャンペーン用に東京で撮影したビデオ#ALLSAINTSTOKYO(ALLSAINTSの公式YouTubeチャンネルで公開中)を観てもらえればわかると思うんだけど、僕たちは実際に会って、話して、スカウトした彼らの日常生活に入ったよ。

僕たちは今までになかった方法で、彼らと繋がっていきたいと思っているんだ。僕はロンドン出身だからそういうシーンとは深い関わりを持っているし、東京に対してはアウトサイダーとして、ロンドンとはまた違った角度で関わろうとしている。今の東京のユースカルチャーには、過去に対しての敬意が現れているよね。彼らは自らの経験をもとにさまざまなものを"カット&ペースト"して作り上げていて、過去とコラージュすることで新しいカルチャーを生む。そんな東京のシーンが僕にとって新鮮なんだ。どこの国でも共通しているのは、ずっと同じものでは嫌だということ。いつも進化していきたく、新しいものを見たいという気持ちがあるんだよ」

ALLSAINTS autumn/winter 16-17

ALLSAINTS 原宿キャットストリート店は、2016年2月6日(土)〜7月31日(日) の期間限定オープン。

住所 東京都渋谷区神宮前5-17-24GBBld.1F
営業時間 12:00〜20:00
Tel. 03-5766-3011

TOKYO-BAY店
〒273-8530
千葉県船橋市浜町2-1-1ららぽーとTOKYO-BAY 南館1F
Tel. 047-421-7140

ALA MOANA 店
住所 Space3101,Ala Moana Center,1450 Ala Moana Blvd
営業時間 月曜日から金曜日 9:30am〜9:00pm
日曜日 10am〜7pm

Creative Director Wil Beedle, Creative Director of ALLSAINTS

ALLSAINTS.JP

お問い合わせ先
PR01.TOKYO 
Tel. 03-6433-5159

Credits


Text KURUMI FUKUTSU