アートをコレクションするということ

「VOILLD伊勢春日コレクション」が開催。約100点の作品展示を通して、アートをコレクションするという行為の意味と価値を知る。

by Naoko Okada
|
05 April 2017, 2:54am

そこに足を運べば東京カルチャーの「今」がわかる。VOILLDはアートを軸に、企画展やイベント開催など、次世代をつなぐコンテンツを展開しているアートギャラリーだ。若手作家を中心に、東京を代表するアーティストと共に新たな価値観を発信し続けている。そのディレクター兼キュレーターを務める伊勢春日のコレクション展がTOKYO CULTUART by BEAMSにて開催される。多岐に渡って活動する彼女が、自ら足を運んだ場所や巡り合いのなかで独自の目線で収集してきた作品が展示され、会場ではとんだ林蘭との限定コラボレーションアイテム等の販売も行われる。また、現代アーティストの加賀美健やmagmaなどを迎え、「私の自慢のコレクション、コレクションとは何か?」といった様々な角度からコレクションについて語るトークイベントも予定している。

敷居が高いと思われがちな"アートをコレクションする"ということに対して、「深い理由なんて考えずに、もっと気軽に触れ合ってほしい。新しいTシャツや靴下を買うような感覚で、気軽に買ってみてほしい。ただ一つそれらと違うのは、金額やサイズでは計り知れない、その人にとっての素晴らしい価値になってくれるという事だと思っています。生活に彩りを添えてくれ、豊かな心を育ててくれ、新たな自分の築きになると信じています」と語る伊勢春日の思いに、カジュアルに触れてみては。

VOILLD 伊勢春日コレクション
会期:4 /7(金)~4 /19(水)
会場:トーキョー カルチャート by ビームス
時間:11:00~20:00  ※4/7(金)、4/19(水)のみ11:00~18:00  4/13(木)は店休日
オープニングレセプション
4/8(土)18:00〜20:00
トークショー
4/9(日)17:00〜18:00
ゲスト:加賀美健、とんだ林蘭
4/16(日)17:00〜18:00
ゲスト:magma
参加費無料、予約不要

Credits


Text Naoko Okada

Tagged:
Culture
Art
Magma
Ken Kagami
tokyo cultuart by beams
voilld