新星パンクバンド Ms.Machineが選ぶ「最もロックなフィメール・バンド」8選

オルタナティブに輝く女性たちは、とにかくカッコイイ。

|
jul 9 2018, 6:15am

Photography Hana Yoshino

Savages「Shut Up」
「ロンドンの〈Rough Trade〉でSavagesの『Silence Yourself』と出会ってすべてが始まりました。Savagesみたいなモノクロームなのだけどゴシックすぎない世界観のフィメールバンドって他にいない。ボーカルのジェニー・ベスの考え方も好きです」

The Felines「Pretty Boy (Here Today)」
「Ms.Machineのイベント名〈FELINE〉は”猫科”という意味とコペンハーゲンのこのバンドから名付けました。この曲は、エディ・スリマン期のSaint Laurentのランウェイで使われていたもの。ベーシストの不機嫌そうな表情が最高です」

Kælan Mikla「Kalt」
「アイスランドのダークウェイヴ・ポストパンクバンド Kælan Mikla。アイスランドの音楽フェス〈Airwaves〉で観たなかで一番好きでした。シンセ担当のソルヴェイグとは今年共演したのですが、Kælan Miklaといつか共演するのが夢です」

RINGER 「Girls Rock Boston」
「アメリカ・リッチモンドのRINGERというバンド。オーディエンスもバンドもタフで、ほぼ女っていうところに衝撃を受けました。アメリカのパンクシーンではティーンの女の子がモッシュしてるしライブにもいる、これを目指したい。モッシュの動きが最高。強そう。最高」

Perfect Pussy 「"I"」
「このPVは結構ポップなファッションですが、ボーカルのメレディスはバズカット(坊主)だった時期もあるそう。Dream Wifeもそうですが、バンド名に皮肉をこめてる感じも好きです」

Crystal Castles「COURTSHIP DATING」
「音楽性はもちろんファッション的にもこの時期のアリス・グラスが一番好きです。インタビューを読むと知的ではっきり自分の意見をいうキャラクターというのがわかるんですけど、それを知ってさらにファンになりました」

Code Orange
「Code Orangeのライブ映像です。音がとにかくかっこよくて、そんなかっこいい音を出してるギターのレバ・マイアーズがほんとかっこいい。かっこいい女ナンバーワン」

Silvana Imam 「Vikken Då」
「福祉や男女平等などの面で進んでいることもあり興味を持っていた北欧諸国。スウェーデンの音楽をディグっていたら辿り着いたのがSilvana Imam。彼女は自分が移民であることやレズビアンであることを主題にリリックを書いているそう。リリックはスウェーデン語なので翻訳の難易度高めですが、何について歌ってるのか知りたいです」