映画大国インドより、エキゾチックな映画の祭典が今年も開催

今年で7回目を迎える「インディアン・フィルム・フェスティバル・ジャパン IFFJ 2018」がイメージフォーラムにて開催。

by Daiki Tajiri
|
09 October 2018, 9:07am

近年、S・S・ラージャマウリ監督の『バーフバリ 王の凱旋』が異例のカルト的大ヒットを国内でも記録し、再び注目を浴びつつあるインド映画にフォーカスを当てた「インディアン・フィルム・フェスティバル・ジャパン IFFJ 2018」が10月6日(土)より10月26日(金)に東京・渋谷にあるシアター・イメージフォーラムにて開催中だ。

「マサラ・ムービー」とも言われる、ド派手な演出と歌、ダンスで我々を魅了するインド映画。しかし、そこにはインドならではの社会的または文化的背景が伴うとともに、日本で決して得られないイマジネーションが多種多様に含まれている。

「インディアン・フィルム・フェスティバル・ジャパン IFFJ 2018」は2012年にスタート。7回目となる今回は、王道の新作恋愛コメディ『ムバーラカーン』はじめ、女性の社会進出を描く家族ドラマ『あなたのスールー』、サスペンス要素も垣間見える『ブラックメール』など、さまざまなジャンルからピックアップされた全9作品で構成される。不思議な中毒性と、高いエンターテイメント性を兼ね備えたインドの最新映画を日本で鑑賞できる貴重な機会となっている。

インディアン・フィルム・フェスティバル・ジャパン IFFJ 2018

会場:シアター・イメージフォーラム
上映日程:2018年10月6日(土)~ 10月26日(金)

Tagged:
bollywood
IFFJ 2018
Indian Film festival Japan
masala movie