Palaceスケーターたちの家族アルバム

ロンドンスケートシーン発Palaceとアラスデア・マクレランがタッグを組み、アートブック『THE PALACE BOOK』をリリースした。

by Noriko Wada
|
01 August 2016, 1:48am

レヴ・タンジュ(Lev Tanju)がロンドンのスケート・カンパニーPalaceを2009年に設立してから7年、今では世界中のスケーターを虜にし大きな成功を収めている。現在もイギリスのadidasスケートチームのマネージャーを務めながら第一線でスケートシーンに身を置くレヴが、これまでのPalaceの物語を収めたアートブック『THE PALACE BOOK』をIDEA から発売した。

本書には、オリジナルのグラフィックと7,000ワードのテキスト、そして120枚の写真が収められている。写真を撮りおろしたのは、Palaceを設立当初から撮り続けてきた、i-Dのコントリビューターでもあるアラスデア・マクレラン。イギリスのユースカルチャーのシンボルともいえる彼にとって『Ultimate Clothing Company』『Ceremony』に続き3冊目の写真集となる『THE PALACE BOOK』は、ロンドンのスケーターたちのリアルライフを捉えた一冊となっている。「僕はスケート写真と聞くと、いつもアメリカを思い浮かべていた。そんな時、 レヴと PWBC に出会ったんだ。彼らは皆、ウォータールーにスケートしに行く時、サッカー観戦に行くかのような格好をしていて、それが何だかとてもブリ ティッシュに映ったんだ。まるでディケンズの小説にでも登場しそうな風貌で、『オリバー・ツイスト』に登場する少年スリ団の一員みたいだったね」とマクラレンは語る。

パレス・ウェイウォード少年合唱団(PWBC)から派生してスタートしたPalaceだが、お世辞にも"宮殿"とはいえない彼らのスケート・ハウスをチームが皮肉まじりに呼んでいたのがPalaceの名前の由来だという。そんなスケート・ハウスに集まるメンバーたちは、スケートでつながった家族のようなもの。『THE PALACE BOOK』は、ロンドンのリアルなスケートシーンやストリート、ファッションが映し出されるとともに、スケーターたちの成長やパーソナルな思い出が詰まった家族アルバムのような1冊に仕上がっている。

www.palaceskateboards.com 

『THE PALACE BOOK』
出版:IDEA
価格:7,000円(税抜)
7月30日よりDover Street Market Ginzaにて国内先行発売開始

Credits


Text Noriko Wada
Images © Alasdair McLellan / PALACE / IDEA 2016

Tagged:
Palace
The Palace
Lev Tanju
skater
Alasdair McLellan
Blondey McCoy
idea books
the ica