KENZO x H&M 圧巻のショー

脈打つリズムが鳴り響く会場に、色鮮やかで大胆な服をまとったモデルやダンサーが躍動し、完璧なKENZOスタイルが蘇った。

|
okt 28 2016, 2:00am

期待が高まっていたKENZOとH&Mのコラボレーション。その一部は今夏にキャンペーン広告で公開されていたものの、ショーが披露されるまで全容は明らかにされていなかった。ブランド生誕50周年を迎えるKENZO。ダイナミックなデザイン世界を作り出すウンベルト・レオンとキャロル・キムは、ブランド創始者である高田賢三が築き上げた万華鏡のようなヴィジュアルの世界をH&Mカプセル・コレクションで蘇らせる決断をした。出来上がったコレクションは、ホットピンクやネオングリーン、エレクトリックブルーなど、とにかく底抜けに明るく大胆な色使いに、これでもかとヒョウ柄やトラ柄が用いられた、圧巻のKENZOワールドとなった。

Photography Jean-Paul Goude

しかし、レオンとキムがKENZOのアーカイブから蘇らせたのは、デザインだけにとどまらなかった。1970年代から80年代にかけ、KENZOはショーのランウェイにダンサーやパフォーマーを起用し、結婚式のシチュエーションを再現するなどの舞台演出で新たなファッションショーの世界を次々に作り出した。昨夜のショーで、レオンとキムは、伝説的フォトグラファー/グラフィックデザイナー/イラストレーターのジャン=ポール・グードに全アートディレクションを一任し、ショーの振り付けにはSiaのほぼ全てのビデオを手掛けている世界トップのコレオグラファー、ライアン・ヘフィントンを起用して、息もつかせぬビジュアル・パフォーマンス作品を作り上げていた。サム・スピーゲルによる「Express Yourself」の極上リミックスに合わせてドラムに笛、金管楽器がエキサイティングなサウンドを奏でるなか、キモノ・ジャケットやオーバーサイズ・ドレス、ビーニー、ロールネックなどを纏い、トラ柄ストライプのソックスの足元にサンダルを履いたモデルやダンサーたちが、ランウェイを通り会場真ん中のスペースへと躍り出ては舞った。「今夜は、私たちが愛してやまないKENZOとH&Mが作り出す世界を祝福するためのひととき」とキムとレオンはショーの後に語った。「まったく趣の異なる世界が混ぜ合わさり、底抜けに楽しく、活気にあふれて、予想だにしない祝福の世界観が生まれた夜でした。一生涯忘れることのできない感動的な一夜になりました」。ショーの締めくくりにはラッパーのアイス・キューブが登場。マイクを取り、サプライズ・パフォーマンスを披露した。「KENZO x H&Mコレクションのローンチは圧巻でした。素晴らしいプリントに色合い、そしてエネルギーが、息もつかせぬ圧巻の世界観を作り出していました。ジャン=ポール・グードにショーのディレクションをして頂ける光栄にも恵まれ、おかげさまでコレクションが放つムードを完璧に体現したショーを披露することができました」とH&Mクリエイティブ・アドバイザーのアン=ソフィー・ヨハンソンは喜びを語った。

KENZO x H&Mコレクションは、世界250のH&M店舗とオンラインショップで2016年11月3日より発売開始予定。

Credits


Text Tish Weinstock
Photography Thomas Concordia (Copyright 2016 Getty Images)
Translation Shinsuke Kuriyama at WORDSBERG Inc.