Advertisement

コートニー・ラブは12年前にハーヴェイ・ワインスタインによる性的暴行を警告していた

「もしハーヴェイ・ワインスタインにフォーシーズンズホテルでのプライベートパーティに招待されたら絶対に行かないで」

by Zoé Dreadon; translated by Aya Ikeda
|
27 October 2017, 3:19am

Photography Ellen Von Unwerth for i-D

This article was originally published by i-D AU/NZ.

2005年に行われたインタビューの中でコートニー・ラブは、ワインスタインのセクハラをほのめかすようなコメントを残している。ハリウッドを目指す若い女性にアドバイスを聞かれると、彼女は目を泳がせ、少し考えるような仕草をした後に「暴露したら名誉毀損で訴えられるかもしれないんだけど」と口を開いた。「もしハーヴェイ・ワインスタインにフォーシーズンズホテルでのプライベートパーティに招待されたら絶対に行かないで」

ワインスタインに関する事件の実態が明るみに出て以来、30人以上の女性たちが彼の性的被害について発言している。コートニーはTwitterで話題になっている当時のインタビュー動画についてコメントし、この言動により自身が<Creative Arts Agency>のブラックリストに入れられたとツイートした。「私は彼から直接的被害を受けたわけではないけど、CAAにはハーヴェイ・ワェインスタインについての口封じをされている」

業界人がワインスタインについてコメントしたのは、今回が初めてではない。2013年にはアカデミー賞授賞式の司会を務めたセス・マクファーレンが、助演女優賞発表の際に彼を皮肉ったジョークを披露している。「おめでとうございます。これでもうあなたたちはワインスタインに気に入られようと好意があるふりをしなくても済みますね」。事件が表面化した後、ワインスタインは自身が共同創設者した映画会社TWCから解雇され、さらにアカデミー会員から除名を受けた。またフランス大統領のエマニュエル・マクロンは、ワインスタインが過去に受賞しているレジオンドヌール勲章の剥奪を検討している。

Tagged:
Hollywood
courtney love
Harvey Weinstein
CAA