ナイキ、『プレー・アカデミー with 大坂なおみ』が3つの日本を拠点とする地域コミュニティー団体とパートナーになったことを発表

遊びとスポーツを通じて女の子の人生に変革をもたらすことを目的とした団体『プレー・アカデミー with 大坂なおみ』が日本を拠点とする3つのコミュニティー団体とパートナーシップを結んだことを発表

by Kazuki Chito
|
05 March 2021, 7:26am

ナイキは、女性アスリートをたたえ、これまでの40余年と同様に、スポーツに参加する女性と女の子のための状況改善を支援し、さまざまなレベルの女性アスリートがスポーツ、体を動かすことや遊びを通じて自らの実力を発揮できるよう激励や支援を続けてきた。

その一環として大坂なおみ、ナイキ、ローレウス・スポーツ・フォーグッド財団により、遊びとスポーツを通じて女の子の人生に変革をもたらすことを目的に『プレー・アカデミー with 大坂なおみ』(以下「プレー・アカデミー」)が2020年8月に設立された。

プレー・アカデミーは、3つの地域コミュニティー団体に助成金を提供することにより、日本の女性と女の子のスポーツ参加を促進する支援を行う。そして今回、日本YMCA同盟、なでしこケア、流通経済大学の3つの地域コミュニティー団体は、プレー・アカデミーのパートナー団体となったことが発表された。

女性と女の子の人生に変革をもたらすため、スポーツを皮切りに各団体は、女性と女の子に対しマルチスポーツに留まらず、サッカーやラグビーといった機会の提供を行う。

女性と女の子の将来の成長に向けて、学業や後々の職業での成功を目的とし、リーダーシップスキルやライフスキルの研修やワークショップも行われ、プレー・アカデミーを通じてパートナー団体は女性と女の子が平等にスポーツに参加できるよう、直面する課題を解決し、障壁を打ち破る活動を続ける。

大坂なおみは、今回のパートナー団体決定について「今回、素晴らしいパートナーが決まり、様々な活動が始まることを大変嬉しく思います。私も幼い頃テニスを始めて人生が変わったので、スポーツの機会を日本の女の子たちにも提供したく『プレー・アカデミー with 大坂なおみ』を始めました。スポーツを通して女の子が刺激を受け、勇気づけられることを願っています。」と話している。大阪なおみらによって設立された女性と女の子へのエンパワメントを目的とした団体が、日本のコミュニティー団体とパートナーになったことは純粋に日本のメディアとしては喜ばしいことだ。これからも『プレー・アカデミー with 大坂なおみ』の繁栄と女性、女の子たちがスポーツ参加への機会をより多く得られるよう願いたいと思う。