『i-D Japan no.7』ヒーロー号 目次公開

最新号のテーマは「ヒーロー」。表紙を飾るEXILE/三代目 J SOUL BROTHERSの岩田剛典を筆頭にKOHH、マーク・ゴンザレス、清水尋也、プッシー・ライオット、茅島みずき、タイショーン・ジョーンズが登場。

|
03 April 2019, 1:00am

ユースはいま誰に憧れるのか。混迷の時代に求められるヒーロー像とは? アメコミのヒーローたちが社会のリアリティを反映させて現代的なアップデートを遂げたように、憧れの対象やヒーロー像は、常にその時代のモードを反映しています。社会が複雑化し、人々の価値観が分散化している今、「ヒーロー」には何が求められているのでしょうか。

本号では、国内外で活躍する気鋭のアーティスト、デザイナー、スケーター、ティーンエイジャーたちとの対話やインタビューから、現在のヒーロー像を探ります。

1554187721258-iDJAPAN-vol7_H1

表紙を飾るのは、ルイ・ヴィトンを纏ったEXILE/三代目 J SOUL BROTHERSの岩田剛典。ロンドンを拠点に活躍する気鋭のフォトグラファー、ハンナ・ムーンが極寒のパリで撮り下ろしました。インタビューでは、3月に最新アルバム『UNTITLED』をリリースし、国内外からも熱い視線を集めるラッパーのKOHHや、ファッション界の革命児ヴァージル・アブロー、ロシアのパンク集団〈プッシー・ライオット〉の中核的人物ナージャ・トロコンニコワ、スケートビデオの先駆者ウィリアム・ストローベックが登場。また山戸結希監督による話題の新作映画『ホットギミック ガールミーツボーイ』で共演している清水尋也と板垣瑞生の対談や、チャド・ムーアによるファッションストーリー、世界中で起こっている「#FridaysForFuture」運動のレポートも収録。

本号の目次は、以下の通り。


i-D Japan no.7 目次

◆インタビュー
岩田剛典——パリ、19区、春。
KOHH——リアルを移ろうこと
ヴァージル・アブロー——ヴァージル・アブローの錬金術
キム・ジョーンズ——甘美な夢
ナージャ・トロコンニコワ——プッシー・ライオットより愛を込めて
茅島みずき——上京雨物語
釈迦坊主——世界の闇を見た少年はラッパーに転生する
ウィリアム・ストローベック——マーク・ゴンザレスとタイショーン・ジョーンズ
ハーリー・ウィアー——ホスト文化と女性の欲望
PUGMENT——さらば、ヒエラルキー
TOMO KOIZUMI——胡蝶の夢
ジェイソン・ディル——ジェイソン・ディルはかく語りき

◆ファッションストーリー
ルチア・ピカ——私だけの色を纏って
チャド・ムーア——今日はこれから
池満広大——春はじゃじゃ馬
キャンプベル・アディ——初々しくて革命は
アレクサンドラ・リース——ファッションが止まらない
レア・コロンボ——若きは非常な夢をみる

◆対談
清水尋也×板垣瑞生——ふたりが出会うとき
MARS89×篠田ミル(yahyel)——政治と音楽、現場ならではのリアリティ
荻上チキ×光岡三ツ子——MARVELはヒーローをどう描いてきたのか?

◆エッセイ
「蜃気楼のようなヒーロー像が、今のリアル。何をやっているのか、全然わからないことの凄さ」フィクショナガシン
「歌姫ってなんなん?」若林恵
「ソフトボイルド・マニフェスト」西山敦子
「#FridaysForFuture クライメート・ジャスティスを求めて」野中モモ

◆ストレートアップス
わたしがわたしである理由 by Den Niwa
道を拓く by 森健人

◆i-Con
巻末アンケート 「あなたはヒーローです。何かひとつ倒せるとしたら何を倒しますか?」