ハーリー・ウィアーが手がけたA.P.C.のキャンペーンフィルム

いま最も注目を集めている英国人フォトグラファーによる、レトリスム(文字主義)仕立てのショートフィルム。

|
jul 26 2018, 7:47am

A.P.C.の2018年秋冬コレクションのキャンペーンショートフィルムが公開された。このディレクションを手がけたのは、イギリスの写真家であるハーリー・ウィアー。i-D Japan no.5 “the original issue”のカバーストーリーで女優の小松菜奈を、美しきシュールリアリスティックな世界に誘ったのも彼女だ。

この約1分間のフィルムには3名のモデルが登場する——韓国出身のソヒュン・ジュン、フランス人モデルのアイーダ・ブルーポール・ハメリン。彼女たちがハーリーからの質問(どんな問いかけをしたのかは想像してみよう)に、それぞれの言葉で答えていくシーンが切り取られ、再構成されている。一種の言葉遊びとシーンカットの独特なテンポによって、親密な空気を宿した“レトリスム・ポエム”のような作品だ。

PHotography Harley Weir

Credits


Director Harley Weir
DOP Mark Adcock
Editor and sound Roi Cydulkin