リック・オウエンスが作る人間バックパック

2016SSの舞台裏を映した動画が公開。これを着るには、たくさんの仲間の助けが必要となりそうだ。

by Hannah Butterworth
|
06 May 2016, 6:00pm

自分の体に他人がくっついた状態で歩く—そんな状態を想像したことがあるだろうか? Rick Owens 2016年春夏コレクションでは、実際にモデルたちがお互いを"着て"ランウェイを歩いた。

そのショー「Cyclops」の裏側がまとめられた動画が公開された。試しに、近くにいる友達を捕まえて体にまとい、ストラップを絞めてみてはどうだろう? ムカデのような形状は、デザイナーのリックが「養育、シスターフッド、マザーフッド、そしてその連鎖。女性が女性を育て、自ら女性となり、女性が女性を支える−−僕がほとんど知ることのなかった女性という世界を、自分なりに楽しんで表現してみようと思った」と語るヴィジョンを具現化したものだ。公開されたビデオは、お互いの体に取り付けられるモデルたちの様子を追っている。そのプロセスは実に大変そうだ。そう、少なくとも4人に支えてもらう必要があるのだ。

この4分間の動画を見て、カリフォルニアに生まれたこの偶像破壊主義のデザイナーが2016年春夏コレクションを創り上げた工程を覗いてみよう。

Credits


Text Hannah Butterworth
Translation Shinsuke Kuriyama at WORDSBERG Inc.

Tagged:
Fashion
Backstage
Rick Owens
Cyclops
spring/summer 16