Advertisement

Netflixオリジナルドラマ『13の理由』シーズン3の予告が公開

数週間前に、シーズン1の自殺シーンを差し替えするとNetflixが発表したことでも話題のドラマ『13の理由』。8月23日から配信がスタートするシーズン3の予告が公開された。最終章となるシーズン4の制作も決定。

by Alim Kheraj; translated by Nozomi Otaki
|
09 August 2019, 11:40am

Image via Netflix

十代が抱える問題に深く切り込み、大きな反響を呼んでいるNetflixドラマ『13の理由』。8月後半のシーズン3配信を前に、その予告映像が公開された。来たるシーズン3に向けて、心の準備を整えておこう。

ジェイ・アッシャーによる同名小説を原作とし、セレーナ・ゴメスが製作総指揮に名を連ねるこのティーンドラマは、自殺、性的暴行、依存症などの生々しい描写で賛否を巻き起こしながらも、多くのファンを魅了している。

昨年配信されたシーズン2は、学校での銃乱射を阻止しようとした主人公クレイ(ディラン・ミネット)が、パトカーが到着するなか、ライフルを手に立ち尽くすという、何とも続きが気になる場面で終わっている。予告を観ると、シーズン3もドラマチックな展開が続きそうだ。映像中には姿を見せない、英国アクセントのあるナレーターの謎めいたモノローグは、まるでティーン版『ビッグ・リトル・ライズ』のよう。

「これが今のリバティ高校の生徒たちの姿」とその声はいう。「彼らは秘密でつながっている。そして彼らがつながりを持ったことで、何もかも変わってしまった。ひとつ確かなのは、条件と動機さえ揃えば、誰がこんなことをしてもおかしくなかった、ということ」

この予告では、もうひとつの衝撃的な事実が明らかになる。高校のアメフト選手、ブライス・ウォーカーの死だ。メインキャラクターであるクレイ、トニー、ジェシカ、アレックス、ジャスティン、タイラー、ザックは、彼の葬式で母親からこう請われる。「もしあなたたちの誰かが何か知ってるなら、お願いだから教えて」。ハンナ・ベイカーの死は、もはや過去のものになった。

〈Entertainment Weekly〉は、このシリーズを次のように説明している。「スプリング・フリング(春のダンスパーティ)でのタイラーの思いがけない行動を止めてから8ヶ月。クレイ、トニー、ジェシカ、アレックス、ジャスティン、ザックは、回復に向かいつつあるタイラーを助けつつ、みんなで秘密を隠し通し、その重荷を負うすべを探っていた。しかし、ホームカミングのフットボールの大混戦のあと、ある選手が失踪し、クレイは自分が警察の捜査対象になっていることを知る。彼らがそれぞれの秘密を暴こうとする捜査を切り抜けられるかどうかは、抜け目のない部外者次第だ。ますます緊張が高まる『13の理由』シーズン3。善意からの行動が、一生を左右することもある」

また、Netflixによるシーズン4制作と同時に、本作が同シーズンで完結することが発表された。数週間前には、Netflixが、シーズン1のハンナが自ら命を絶つシーンの差し替えを決定したことを明かしている。

「多くの若者から、『13の理由』が、うつや自殺などの難しい問題について議論したり、助けを求めるきっかけになったという声が届いています」とNetflixはコメントしている。

「今夏の終わりのシーズン3配信に向けて準備を進めるなかで、私たちは、番組について巻き起こっている議論に耳を傾けてきました。そして米自殺防止財団の最高医療責任者クリスティーン・ムーティエ博士など、医療専門家のアドバイスを踏まえ、クリエイターのブライアン・ヨーキーやプロデュサーたちと、シーズン1のハンナが自ら命を絶つシーンを編集することを決定しました」

『13の理由』シーズン3は8月23日配信開始。予告編はこちら

This article originally appeared on i-D UK.

Tagged:
Culture
tv
NETFLIX
13 reasons why