セレンからサンダーキャット、GKRまで、この週末にお勧めしたい7曲

今週i-Dでヘビーローテーションとなったニューリリースのトラックの数々をここに一挙紹介。

by Frankie Dunn
|
23 September 2016, 2:27am

The Drwg」セレン(Sälen
イーストロンドン出身の彼女たちがまたもややってくれた!一度聞いたら耳から離れない今春リリースの『Diseasey』に続く今作で、ボーカルのエリー・カミオ(Ellie Kamio)とセレンのメンバーは、愛がいかに圧倒的なものかを歌っている。10月19日には、ショーディッチにできた新しいライブハウスKamioでライブを開催するそう。

Woman』ダイアナ・ゴードン(Diana Gordon
これまではウィンター・ゴードンの名で活動していたダイアナは、クイーンズ生まれ育ちのソングライター。ビヨンセの「Lemonade」で多くの傑作トラックを手掛け、なかでもジェイZの不倫相手を指したと思われる「Becky with the good hair」という歌詞は、人々の日常会話でも使われるほどの社会現象に。1ヶ月前、ゴードンは、『Lemonade』収録の「Daddy's Lesson」で見せた音世界をさらに発展させた素晴らしい出来のデビューアルバム『The Legend Of』をリリースした。「Woman」は、ところどころシャナイア・トゥエイン風……いや、実に素晴らしくパワフルな2016年版シャナイア・トゥエインといっていいだろう。

My Trigger」マイク・スノー(Miike Snow
素晴らしく振り付けされたミュージックビデオほど喜びを与えてくれるものは他にそうそうない。よく見てみて……。

Bus In These Streets」サンダーキャット(Thundercat
「テクノロジー万歳/意見をツイートできなければ/僕たちは存在しないも同然」とサンダーキャットは、このニンテンドー的ドリームワールド炸裂のトラックで歌っている。考えさせられる歌詞だ。ルイス・コールとフライング・ロータスによるプロダクション作品。

Tala UmGKR
ホットでフレッシュな大型新人、私たちのお気に入りアーティストGaukurが、前作リリースから9ヶ月を待たずして新作をドロップ。これがまた素晴らしい。昨年、彼を一躍スターの座に押し上げたデビュー曲「Morgunmatur」はレイキャヴィク中の注目を集め、そして今作「Tala Um」で彼は未来に続く道を一歩前進した。彼の才能を真剣にとりあわない世の人々に対し、「は?何言ってんの?」と問いかけるほどに、彼は急成長を遂げているのだ。これは彼の快進撃の始まりにすぎない。

Make It Up As You Go Along (Salem Remix)」ヴォルフガング・ティルマンス
そうとは知らずにフランク・オーシャンの最新アルバム『Endless』で未公開トラックをリリースしてしまったティルマンス(彼は、フランクがサンプリングに彼のトラックを使用するものとばかり思っていたそうだ)。ご存知のとおり彼はフォトグラファーとして名を成しているが、音楽でも圧倒的な才能を持っていることをこのトラックは証明している。EP『Device Control』からの1曲となるこのSalem Remix。ビデオには、ティルマンスが今夏ニューヨークのファイアアイランドで撮影した海の映像が使われている。そのダークビューティの世界観も圧巻だ。

DRULLUSAMA」サイバー(CYBER
アイスランドのラップグループReykjavikurdaeturのメンバー、ヨハンナ(Johanna)とサルカ(Salka)がサイドプロジェクトとして始めたのが、このCYBER。素晴らしいのひと言に尽きるこのユニット、リリースしたEPもまた素晴らしい。

関連記事:今週末聴くべきフレッシュな10曲この週末を演出してくれる10曲

Credits


Text Francesca Dunn
Translation Shinsuke Kuriyama at WORDSBERG Inc.

Tagged:
thundercat
music news
salem
miike snow
GKR
Sälen
wolfgang tillmans
cyber is crap
diana gordon
7 things