Quantcast

『TOILETPAPER』の初個展が、ペロタン東京で開催

2017年11月22日(水)から、マウリツィオ・カテランとピエールパオロ・フェラーリによるアートマガジン『TOILETPAPER』がペロタン東京で初の個展を開催する。

Tatsuya Yamaguchi

六本木のギャラリーペロタン東京は、現代美術作家のマウリツィオ・カテランと、ファッション写真家のピエールパオロ・フェラーリが2010年に共同発刊したアートマガジン『TOILETPAPER』の初となる個展を開催する。会期は、2017年11月22日(水)から2018年1月10日(水)までだ。

『TOILETPAPER』の誌面にテキストはほぼ皆無で、イメージだけで構成されている。ファッションやアート、グラフィック、映画、広告といった有象無象の情報をインスピレーションに、それらが持つ「固定観念を解体することが彼らのライトモティーフ(主導動機)」なのだという。さらに「消費財から食品、あらゆる種類の動物に至るまで、様々な物を折衷的に混ぜ合わせるスタイルは、マウリツィオ・カテランのアート作品に通ずる手法」だ。彼らの手により再編集され、決して秩序立つことはない妥協なく手を尽くされた魅惑的なイメージ群が、私たちの生活に浸透し、問いかけるものとは何だろうか? おそらくその回答は、作品を観て、自分なりに思考する人にしか与えられることはないだろう。

同誌創刊までのエピソードやエディトリアル方針については、2016年にMaison Kitsunéとのコラボレーションを発表した際に行ったピエールパオロのインタビューをぜひ一読してほしい。

関連記事:『TOILETPAPER』× MAISON KITSUNÉ:ピエルパオロ インタビュー

Untitled, 2017, Gilded wood, mirror glass, UV cotour print I Bois, Dorure, miroir, verre. impression couleur UV, ©️TOILETPAPER / Courtesy Perrotin

TOILETPAPER
Collaboration between Maurizio Cattelan & Pierpaolo Ferrari

会期:2017年11月22日〜2018年1月10日
会場:ペロタン東京
東京都港区六本木6-6-9 ピラミデビル1階
開館時間:11:00〜19:00 *休廊日:日、月、祝