Copyright © mcnai 2020

“罪なる”レシピその1:チャイルディッシュ・ガンビーノ主演『ATLANTA』の「レモンペッパーウェットチキン」

食に対する既存の風潮に中指を立て「オリジナル」に忠誠を誓う謎のフード集団。彼らの正体は、あらゆるカルチャーに触発されたフードメディア・mcnai(マカナイ)だ。前代未聞のゴールデンウィークを楽しく送るためのレシピ第一弾は、世界を震撼させた名曲『This Is America』のチャイルディッシュガンビーノが主演するドラマ『ATLANTA』からインスピレーションを得た「レモンペッパーウェットチキン」。

by mcnai
|
02 May 2020, 9:00am

Copyright © mcnai 2020

カニエがフランクオーシャンへ綴るマクドナルドの詩、スパイク・ジョーンズ監督『her』作中に登場するレストランの内装、ウディ・アレンが愛したNY老舗レストランの定番パスタ。mcnai(マカナイ)は、これらの食を軸に周辺にあるカルチャーをピックアップし発信、創造する”ニュー ウェーブ メディア”である。彼らの言葉を借りるなら「味と雰囲気だけに評価を置くような、食に対する既存の風潮に中指を立て、食周辺 ”それ以上” の新たな価値を探究し、撹乱する反乱軍」なのだ。つまりこのナードな青年達は食を起点とした若者の為の新しい文化圏を創造しようと企みている。その根底こそは食でもあり、飢える彼らの精神でもある。

映像作品、ポッドキャスト、フードレイヴ、音楽のキュレーション、彼らの活動は決して記事だけに止まらない。特にIGTVで公開中の”Guilty Pleasure Night”と題したオリジナル番組は、従来の「クッキング番組」のフレームワークを大きく逸脱したジャンキーかつポップなイメージから若者を中心に少しずつファンが増えているようだ。今回は、彼らの記事、そしてムービーチャンネル”Guilty Pleasure Night”から抜粋した3つのレシピを、i-D Japan読者に向けGWスペシャルとして解説してくれた。

<第一弾>

あなたはチャイルディッシュ・ガンビーノ(Childish Gambino)という人物を知っているだろうか。彼は2018年に世界を震撼させた偉大なミュージシャンである。2018年5月5日にあるPVが彼のYoutubeチャンネルから公開された。タイトルは『This Is America』と題され、サムネイルでは彼が上半身裸で両手を上げている。動画を見る前ではどのようなメッセージがそれに込められているのかは正直わからない。なのでぜひこのタイミングで見たことある人もない人も一度この動画がどのようなメッセージを持っているのかを考えながら見てほしい。

動画の冒頭部分ではトライバルなアフリカンクワイアーによるハーモニー合唱から始まり、ポップなメロディーをチャイルディッシュ・ガンビーノが歌い上げている。しかし動画の52秒経過したあたりで彼が突然椅子に縛られた人を銃で撃ち殺す。そこからガンビーノは楽しそうに踊り出すがバックはカオス状態。この曲はアメリカ社会が現在も抱える銃規制、人種差別などの深刻な問題を風刺しているものだ。彼のアーティストとして特筆すべき点はその”社会風刺”にある。アメリカ社会に”反発”するが、その方法が非常にユニークかつクリエイティブで、ある種のシニシズムを感じさせる。今年の3月には一度オンラインから消えたアルバム『3.15.20』もストリーミングサービスで聴けるようになったのでぜひ聞いてみてほしい。

彼の”反発”は音楽に留まらない。冒頭でも述べたように彼はアメリカのドラマ界でも、ドナルド・グローバー(Donald Glover)という名前で、チャイルディッシュ・ガンビーノとは違う名義で俳優としても活動している。そんな彼が出演する人気作といえば、『This Is America』で映像監督を務めた日系アメリカ人ヒロ・ムライとタッグを組んだアメリカ、アトランタを舞台としたドラマ『Atlanta(アトランタ)』である。

『Atlanta』はNetflixで配信されているドラマシリーズの1つ。(配信局はFX)金なし、夢なし、行く当て無しのアーン(ドナルド・グローバー)が従兄弟のラッパー、アルフレッドことPAPER BOI(ペーパー・ボーイ)のマネージャーとなり、四苦八苦しながら毎日を乗り越えていくというコメディードラマだ。もちろん、ノーマルなコメディの要素も含まれているが、『This Is America』と同様アメリカ社会に対する痛烈な批判を表すような描写も見ることができる。監督 ヒロ・ムライは「どちらの作品にもある一種の社会に対するアイロニーを見ることができる」と語っている。そして、実はこの『Atlanta』から、2019年を代表するとも言える映画『JOKER』の作中でPAPER BOIがキャメオ出演を果たしている。そのシーンでは彼が奇をてらったセリフを言うので要チェックしてほしい。

少しシリアスな空気になってしまったが、このGW(ゴールデンウィーク)でmcnaiが紹介したいのは映画や音楽から着想を得た、まさに罪なる”ギルティーレシピ”だ。そして今回ご紹介するのは、そんな学びありダークな笑いありの『Atlanta』の(シーズン1のエピソード2)に出てくる激ウマジャンクフード、「レモンペッパーウェット」のレシピである。まずは下の動画をみていただきたい。

見ていただいたシーンはPAPER BOIとその友達ダリウスが「JR Cricket’s」という地元の店に訪れているシーンである。店員がPAPER BOIのファンであることを彼に伝え、尊敬を示すために「レモンペッパーチウェット」を用意する。タランティーノの「パルプフィクション」をも彷彿とさせる光るボックスから香るのは普通のレモンペッパーチキンウィングズの香りだが、店員はキョロキョロと確認し、小声で「見つかるな、これはフツウじゃない」と説明する。彼はピリ辛ソースをかけたウィングスを用意し、文字通り”ウェット”、ソースで濡れている状態にして持ってきたのだった。そんなとてつもなくギルティでウマそうなフードのレシピは以下の通りである。


🐔🍋レモンペッパーウェットのレシピ🍋🐔

1588389270054-mcnai_001
Copyright © mcnai 2020

〜 用意するもの 〜

手羽先20本
ベイキングパウダー 小さじ1
塩 小さじ1
砂糖 小さじ1
ガーリックパウダー 小さじ1
ブラックペッパー 小さじ1

〈特製レモンバーベキューソース〉

ケチャップ 大さじ3
蜂蜜 大さじ1
溶かしバター 20ml
レモン汁 大さじ1
オイスターソース 小さじ2(なくてもOK)
焼肉のたれ 小さじ1
タバスコ お好み
スリラチャソース 小さじ2(他のホットソースでも代用可)

〜 手順 〜

1.
ボールに手羽先を移し、味がつくようにしっかりとベイキングパウダーと塩で手羽先を揉む。(ボールはシルバーの方が見栄え良く美味しそうに見え、それっぽくなります)。

2.
フライパンに半分ほど油を入れ、温めておく。強火で温めておくと手羽先を入れる際油が飛び散るので、中火で温めておく。なおフライパンは平らの方が手羽先をたくさん入れやすい。

3.
菜箸を油に入れて大きな泡がつくようになったら手羽先を投入していく。一気に20本入れると油の温度が下がってしまうので10本ずつ入れるのがお勧め。カラッと揚ったらボールに再度移し、砂糖、ガーリックパウダー、ブラックペッパーを振りかけ満遍なく味がつくように混ぜる。

4.
作った特製レモンバーベキューソースをボールに入れ、手羽先と絡める。

5.
ギルティな輝きを放つレモンペッパーウェットをお楽しみください。


いかがだっただろうか。チャイルディッシュ・ガンビーノの『This Is America』に始まり、『Atlanta』に登場する「レモンペッパーウェット」のレシピへとやってきたわけだが、フードと音楽、映像の面白い関係について見ることができたと思う。次回のmcnaiによる Guilty Pleasure Recipeも是非、見逃さないでほしい。

Official Instagram: @mcnaieatmecrazy

Official site: https://www.mcnaieatmecrazy.com/

Tagged:
Food
Her
ATLANTA
Childish Gambino
GW
this is america
mcnai
Best recipes of GW
Guilty Pleasure Night
3.15.20