エクスクルーシブ:グッチ 2020年プレフォール コレクションのキャンペーンビジュアルが発表に

グッチ 2020年プレフォール コレクションのキャンペーンビジュアルは、コロナ禍にいる私たちにとってまさに最高のファンタジーだ。

by i-D Japan
|
28 April 2020, 9:00am

自宅待機が続き、お世辞にも広いとは言い難い自室の窓際で過ごす時間が増えてきた。日当たりの悪い部屋から眺めるコンクリートが延々と続く風景には正直ウンザリで、芝生を裸足で踏みしめる自分や、自然のなかで思いきり新鮮な空気を吸い込んでいる自分、青空の下で動物と野山を駆け回る自分の姿を想像したりして、とにかくもっと身近に自然があればいいのに、と考えることが多くなった。週末に遠出もできないこの時期だから、そんな風に考えるのは私だけではないと思う。

いつ終わるかもわからない不安定な日々を過ごすそんな私たちにとって、グッチ 2020年プレフォール コレクションのキャンペーンビジュアルは、まさに最高のファンタジーだ。

GUCCI, グッチ, プレフォール, キャンペーン
GUCCI, グッチ, プレフォール, キャンペーン

光に満ちた美しい自然の風景を舞台に、グッチの最新コレクションをまとったモデルたちと、たくさんの動物たちとの無邪気な交流が繰り広げられるストーリーは、全能感と喜びに満ちた子ども時代に私たちを連れ戻してくれる。大人になって素晴らしい経験や知識を手に入れたとしても、つかの間で終わってしまうものだからこそ、私たちは子ども時代に憧れ、そこに戻れたらと願うのだろう。

GUCCI, グッチ, プレフォール, キャンペーン

そして、フォトグラファー、アラスデア・マクレランによる今回の広告キャンペーンは、自然保護への呼びかけでもある。新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大のかたわらで、私たちは空の青さに気付き、自然の大切さを改めて噛みしめた。コロナが終息したとしても、解決しなければならない環境問題は山積している。グッチは、動物・自然・そして人間が密接に、そして敬意を持って共存することのできるユートピアのような世界を表現し、人生のシンプルな楽しみや喜びへ、私たちを招待してくれているのだろう。

2019年以来、グッチは、サプライチェーン全体で完全なカーボンニュートラルを実現。2020年2月からは、絶滅危惧種とその生息地の保護のために『ライオンズシェア基金』に加盟し、動物が登場する広告を展開する度にメディア費の0.5%を募金している。考えてみて欲しい、ハリー・スタイルズはグッチを纏って3度も動物と戯れている。動物たちもそれに値するサポートを受けられるのだ。

GUCCI, グッチ, プレフォール, キャンペーン

グッチの新しい広告キャンペーンは、純粋さへの回帰、自然界とそこに宿る生命との真の絆を取り戻すことを描いている。このキャンペーンのように外に出て、本当の意味で自然と触れ合うことのができる日が、1日も早く訪れることを心から願って止まない。それまでは、画像の向こう側に牧歌的な生活を妄想するのも悪くないだろう。

GUCCI, グッチ, プレフォール, キャンペーン

Credit


Creative Director Alessandro Michele
Art Director Christopher Simmonds
Photographer・Director Alasdair McLellan
Hair Stylist Paul Hanlon
Make-Up Thomas De Kluyver

VIDEO MUSIC
“Some Velvet Morning”
Nancy Sinatra & Lee Hazlewood
Lyrics and Music Lee Hazlewood
Publisher Lee Hazlewood Music Corp.
Publisher for Italy Universal Music Publishing Ricordi Srl

Tagged:
News
Gucci
Campaign
Harry Styles