Photography Chikashi Suzuki

自分自身を保つために。佐久間由衣が伝えたい10のこと

砂漠の夜を明かしたひとりキャンプから乗馬まで。変容する世界の中を見据えつつ、女優・佐久間由衣が語る自分自身を愛し保つ秘訣とは。

by Saki yamada; photos by Chikashi Suzuki
|
18 November 2020, 10:25am

Photography Chikashi Suzuki

映画『“隠れビッチ”やってました。』では初主演を務め、物静かな本人の雰囲気とはまったく異質なるその表情豊かなキャラクターを難なく演じた女優・佐久間由衣。2021年には芥川賞作家・津村記久子のデビュー作『君は永遠にそいつらより若い』の映画版でもヒロインに抜擢され、更なる飛躍が期待されている。

「休みの日は友達とローラースケートを履いて東京の街を駆け回ったり水風船で遊んでる」とプライベートで見せるやんちゃな一面や趣味の乗馬や一人旅について微笑みながら話す彼女はとてもリラックスしていながらスッとした一本の筋が通って、そこには言葉せずとも強い意志すら感じられた。世界規模のパンデミックを迎えた2020年、若き女優はひとりの人間として何を思うのだろうか。

1:乗馬でチューニング

2年前から乗馬クラブに通っています。乗れないときは馬小屋の掃除をしてるくらい馬が好き。動物と触れ合って癒されるのもありますが、完全にスポーツなので体力も必要なんですよ。自粛期間中は乗馬クラブにも行けなかったので、寂しかったです。

2:メイクは「Less is More」

仕事柄、スキンケアには気をかけていて、普段はリップもファンデーションもしないで、日焼け止めだけ。プライベートで結婚式やフォーマルな場所でエチケットとしてメイクが必要なときのために勉強はしたいなと思ってるんですけど、最低限でいいな。

3:自分と向き合うための一人旅

よく一人旅に行ってました。今年の一月にはモロッコに行って、サハラ砂漠で1人キャンプ。もちろん現地のアテンドの方にいろいろ教えてもらったんですけど、ほぼひとりで民族の人たちと過ごしました。モロッコの前にはアイスランドに行って、留学でNYにも行っていました。

YUI_photo_IMG_4675.jpg
Photography Yui Sakuma

4:人生を変えるような本に出会うこと

19歳のときに太宰治の『パンドラの匣』に入っている『正義と微笑み』を読んでから、全部リセットしようと思って本の世界に入り込んでいきました。その頃ギャルだったんですけど友達も変わってしまいました。学生の頃は青春もしていたしすごく楽しかったんですけど、寂しかったんでしょうね。子供目線で描かれてる小説に惹かれて読むんですけど、学生時代にこういう作品に出会ってたら違ったんだろうなって思うからだと思います。ずっと純文学が一番好きで、お気に入りは川上未映子さんの『憧れ』。これも主人公が学生なんですよ。

5:意識改革

今まであった根性論は体調面的にも良くないってされるようになりましたよね。私自身、頑張ってなんぼって思いがちだったんですけど、一つ一つ余裕を持って向き合っていこうと意識するようになりました。でも時には勢いも大切なので…バランスは大事ですね。

6:楽観主義

仕事になると考え過ぎてしまう事が多いですが、プライベートでは基本的に何とかなるって思うようにしています。自粛期間が始まったときも、これは自分にとって良い時間にしようとすぐに切り替えられました。何もできないというのなら、与えられた時間を有意義に過ごして、この時間を忘れないように刻もうって。

7:日々の幸せを感じるということ

久しぶりに友達とご飯を食べに行って、他愛もない話をするだけで幸せだなって純粋に思えます。そう、日常ってこうだったって気がつきますし、改めて考えると当たり前ではなくて…、いま仕事ができてることだって奇跡のように感じます。

8:ソーシャルメディアはマイペースに

自粛期間中にインスタライブやステイホームの呼びかけを見て、私も何か出来ることはないかと悩んでたんですけど、無理してやることではないと切り替えて何もしなかったです。私自身、みんなのポストを見て元気をもらっていましたが、きっと自分には自分だからできる役割がきっとあるし、違うところで表現しようと思ってインプットすることに徹していました。その時に読んだり見ていたことが何かに繋がるといいなって思ってます。

9:答えが出ないことを受容すること

ネガティブをそのまま受け止めたり、答えの出ないことに耐える力を指した“ネガティブ・ケイパビリティ”という言葉があるんですけど、私はもともと楽観的なのも含めてそのマインドが強い方なんですよね。それでもソーシャルメディア上での表現に関して自分がどうしたらいいか分からなくてなって動揺していたときに、その言葉に助けられました。

10:もっと出会って、もっと視野を広げる

目標は海外の人と一緒に仕事をすること。彼らの言葉を理解したいから語学勉強中。違う価値観の人々と出会って自分の視野を広げていきたい。

YUI_photo_IMG_4677.jpg
Photography Yui Sakuma

〈出演情報〉

〈WOWOW〉オリジナルドラマ『殺意の道程』
脚本:バカリズム
監督:住田崇
出演:バカリズム/井浦新/堀田真由/日野陽仁/飛鳥凛/河相我聞/佐久間由衣/鶴見辰吾 ほか
放送:11月9日スタート 毎週月曜 深夜0:00~深夜0:30
https://www.wowow.co.jp

舞台『てにあまる』
脚本:松井周
演出:柄本 明
キャスト:藤原竜也/高杉真宙/佐久間由衣/柄本明
上演日:12月19日より〈東京芸術劇場プレイハウス〉にて上演。
https://horipro-stage.jp/stage/teniamaru2020/

映画『君は永遠にそいつらより若い』
原作:津村記久子
脚本・監督:吉野竜平
出演:佐久間由衣/奈緒/小日向星一/笠松将/葵揚/森田想
公開日:2021年に公開予定
https://www.kimiwaka.com/

Tagged:
yui sakuma