Advertisement

ウィノナ・ライダーとキアヌ・リーヴスは26年のあいだ婚姻関係にあった?

誰も(キアヌ自身も)知らなかった事実。

by Mitch Parker; translated by Ai Nakayama
|
08 January 2019, 12:12pm

Image from Dracula via IMDB

ハリウッドの歴代ベストカップルリストの更新が迫られた。ウィノナ・ライダーがキアヌ・リーヴスとともに名乗りを挙げたのだ。ふたりが共演した現在公開中の新作映画『おとなの恋は、まわり道』のPRインタビューで、ふたりが25年前、結婚していたことをウィノナが明かした。

とはいえもちろん、実際に結婚したわけではない。1992年、フランシス・フォード・コッポラ監督の『ドラキュラ』で共演したふたりは、劇中で結婚式を挙げた。その式を執り行ったのが、本物の司祭だったのだ。ウィノナは「Entertainment Weekly」のインタビューでこう説明する。「『ドラキュラ』で私たち結婚したんですよ、ほんとに。だから実際の私たちも結婚してることになってるはず」

「結婚式のシーンで、フランシス(監督)は本物のルーマニア人司祭をキャスティングしたんです。マスターショットを撮ったんですが、司祭様は正式な結婚式の進行を全て執り行いました。ってことは、私たち、結婚してるってことでしょ」

このシーンの撮影について覚えていなかったキアヌ本人にとっては、寝耳に水だったようだ。しかしウィノナが、バレンタインデーの日の結婚式で誓い合ったじゃない、と詳しく説明されて、最終的にキアヌも認めていた。

つまりウィノナとキアヌは26年前、ルーマニアの結婚式で(うっかり)結婚してしまっていたのだ! これこそ『おとなの恋は、まわり道』の脚本に加えるべきエピソードだったのでは?

This article originally appeared on i-D AU.

Tagged:
DRACULA
Winona Ryder
keanu reeves
married