「作る・喜び」:YOHEI OHNO 2018SS

Amazon Fashion Week TOKYOの開幕初日である10月16日の朝、YOHEI OHNOが2回目となるショーを発表した。無機質で、近未来的な女性像を表現するデザイナー・大野陽平の服作りに添えられたのは、軽やかさと遊び心だった。

by Tatsuya Yamaguchi; photos by Shun Komiyama
|
16 October 2017, 7:08am

2017年10月16日(土)、Amazon Fashion Week TOKYO 2018ssが開幕した。オフィシャルスケジュールのトップバッターはブランドスタートから6シーズン目を迎えるYOHEI OHNO。バウハウスの思想や大量生産される工業製品から強くインスパイアされている、デザイナー・大野陽平にとって2度目のショーとなる。

会場である渋谷ヒカリエのホールBに、石柱を模した16本のオブジェ(材料はおそらく建築資材)が整然と並ぶ、静謐な空間を作り上げた。独特のビートによって力強く始まったショーは、ラテックスのような表面がプロダクトのイメージを強めるネイビーのエナメル・ワンピースでスタート。肘に向かって広がるロンググローブ(YOHEI OHNOのシグネチャーになりそうだ)やブーツには、かのバウハウスのポスターのようなグラフィックがあしらわれている。ディテールにドローコードを多用し、ドレスの胸元やヘムラインに変化をつけてボディコンシャスに、ほのかに艶やかで潔い光沢素材はフューチャリスティックなイメージだ。無機的な女性像がブランドの根底にあるのだろうが、今季はどこか愉しげで、自由奔放な印象も残る。

さらに「着られるプロダクト」をおし進めているのは、前シーズンから引き継いでいるコイル状のイヤリングやバングル、ワイヤーのようなメッシュ素材、あるいはデンマークを代表する照明器具レ・クリントを想起させるホオズキのようなバックやパフスリーブなど。金属や紙材といった工業製品特有の硬質な印象を残しながらも、さまざまなファブリックの組み合わせによって軽快さも表現しているようにみえる——グラフィックとして描かれた「PLAY」「作る・喜び」のタイポグラフィは、服作りに向かう現在の大野の気分にちがいない。まるで、工作好きの男の子のように。

Tagged:
Play
amazon fashion week tokyo
yohei ohno
Spring Summer 2018