U25の「今、聴いてる音楽」ガイド vol.2

7月のi-D Japanは“音楽”を特集。編集部注目のキッズたちに聞く「今、おすすめの一曲」第二弾。

|
jul 18 2017, 1:10pm

Priests 「Leave me alone」
Anna(16)アーティスト
PriestsはワシントンD.C. のパンクバンド。彼らは怒っているだけじゃない。自分の内にこもらずに常に人を魅了しようとする、逃げずに戦う本物のアーティスト。この曲には彼らの楽曲の中でも特にそのために必要なアイデアと強い意思が詰まってる。バンド初期の限られた環境でベストを尽くそうとするヒリヒリした感じが伝わる。彼らは政治についても歌うけど、それだけでは終わっていない。彼女の叫び声を聞けばすべてわかる。こういう意思のある音楽はどんな教科書より私にとって価値がある。中身がない格好がつくような曲より1000倍良い曲。

Kirin J Callinan 「S. A. D.」
Aya Gloomy(23)アーティスト
「S.A.D.」のmusic videoを初めて見たときの衝撃は半端ではなかった! キレッキレの謎ダンスを踊っている灼けた肌の筋肉ムキムキの男がKirin J Callinan本人……。今まで観たビデオの中で一番惚れた。映画『ナポレオン・ダイナマイト』を見たときのなんともいえない胸の高鳴りと一緒だった。曲自体も奇妙だが、ちゃんとポップソングの体を成しているので聴きやすく、そしてビデオと音楽、ファッション、出で立ちすべてが完璧にマッチしている。アルバムを通して聴いてもギャグ的な要素ではなく、完成されたスター感があった。

Yes 「Sweetness」
Mamiko(21)ラッパー
映画『バッファロー'66』の、私の大好きなシーンで使われている曲です。本当にスウィートな曲で、聞いてると頭の中に映像が流れてきて、すべてが相まって幸せな気持ちになります。好きな人と一緒に聴けたら素晴らしいね!

Corinne Bailey Rae 「Been To The Moon」
Rachel(24)ラッパー
単純にカッコいいですよね。好きです。1年くらい前の曲なんですけど、ここ最近は自分の中で(なぜか)空前の砂漠ブームがきていて、こういうMVを見て砂漠成分を補給しています。荒野でもいいですね。どなたか砂漠・荒野MVご存知でしたらぜひ、私に教えてください。待ってます。

Suchmos 「Miree」
Amy(24)モデル
洒落た曲はもちろん、私は女だけど、「男ってこうなんだろうな〜」と妙に納得できる歌詞。初めて聴いたのはこのライブバージョンで、アレンジとして合間合間に入るスクラッチが良い。リズムも良く、爽快感があって夏にリピートして聞きたくなる曲。

Laugh & Peace featuring Yoko Fujita 「ちょっときいてな」
Lulu 作詞 / 作曲家
聴く側に元気や希望といった気持ち的影響をまったく与えない力の抜けたクールさが、フラフラしてる20代の心に刺さって気に入ってます。