伊波英里のアンビバレントな才能

漫画、ゲーム、お笑い、そしてディズニー作品。さまざまな創作表現掛け合わせ、グラフィック、映像作品を生み出すアーティスト、伊波英里。彼女の作品は、情報過多な現代おいて、物騒がしい街並みで、一種のカタルシスを感じるような光を放つ。

by Shin Francis Miyagi
|
08 March 2017, 12:55pm

高く伸びたファッションビルの巨大なスクリーンや、若者に支持されいるいま話題のカルチャー雑誌など、彼女の作品は、特に若者の街と呼称されるような都市のなかでよく見られる。それだけ、若さと活気が疾走する街中、そこに立つ人々に必要とされているのだろう。自由に軽やかにメディアを行き来する彼女のクリエーションには、温もりと可笑しみに溢れている。

IKEBUKURO PARCO VISION Station ID

NEWoMan Digital Signage

BABY-G GALLERY @Maybe! museum Photo:Yayoi Arimoto

チャーミングで楽しげな作品の数々は、思わず脱力してしまうような、心地よさを感じる絶妙な違和感とアンバランスな佇まいを湛えている。それは、彼女が得意とするグラフィックや映像作品だけではなく、オブジェやインスタレーション、グッズに至るまで表現形態を問わずに通底している、テーマのようなものでもある。

NEWoMan Sale Visual


NEWoManのサマーセールの広告ビジュアル。

Jyoshi to Shashin

建て替え中の渋谷PARCO内にあったPARCO GALLERY Xで開催された『女子と渋谷の写真展。』で発売されたZINE『女子と写真。』の表紙。彼女が幼い頃から培ってきた豊富な文化的素養をアート作品に落とし込むことで、他にはないその独特なズレを生み出し、見る者に不思議な感覚を与える。

Neon for group show "Enkatsu" (2016)

Silkscreen printing for group show "IN MY MODE"

80年代の空気感を内包させながら、クラフト感溢れるポップな作風で、多くのファンを魅了する彼女。風通しのよさを感じる個性的な仕掛け、斬新でユーモアがいっぱいにつまった作品の数々には、街の賑わいをさらに煽るようなウィットに富んだ優しさと、クリエーションに対する暖かな眼差しに溢れている。

Artwork for group show "prospect and reflection"

Summer Greeting 2016

eriinami.com

instagram:eri_inami

Credits


Text SHIN FRANCIS MIYAGI

Tagged:
Culture
Art
parco
eri inami
newoman