STELLA McCARTNEYの最新フレグランス広告にグライムス起用

地球に優しいフレグランスを発表したステラの広告キャンペーンで、パステルピンクのグライムスが荒野を行く。

by Emily Manning
|
08 April 2016, 8:05am

グライムス(Grimes)が自ら監督を務めたビデオ『Genesis』をまだ観たことがないなら、ぜひとも今すぐに観てみてほしい。この作品で、彼女はサイボーグのような出で立ちのブルック・キャンディとともに映画『マッドマックス』風のギャングを従え、こん棒や大きな剣を振りかざしながら砂漠へと乗り込み、ニシキヘビを連れて森へ踏み込んでいく。これに何かを感じ取ったステラ・マッカートニーは、自身の最新フレグランス「POP」の広告キャンペーンにグライムスを起用した。

「この広告キャンペーンで、STELLA McCARTNEYは強い意志を持ち、自由で自立した女性たちとのコラボレーションを通して、女性の稟性と個性を祝福します」と、プレスリリースには書かれている。そして「その精神を体現するクリエイティブの先進者、グライムスはSTELLA McCARTNEYの次世代アイコンたちをリードする存在となるでしょう」と締めくくっている。

「POP」キャンペーンで最初にリリースされたこの1枚はグレン・ルックフォードが撮った作品で、グライムスは砂漠で膝をつき、座っている。パステルピンクの髪は後ろのコンバーチブルともマッチしている。この世界観を継いだ映像も制作が決まっており、グラミー賞監督のメリーナ・マツソウカスが監督を務めるようだ。

ディストピアのような砂漠は、グライムスにとって馴染みの設定だが、そのクリエイティブなビジョンに見られる強さだけがステラを魅了したわけではないようだ。「グライムスとSTELLA McCARTNEYに共通した倫理に則り「POP」のパッケージングに使われている紙は、すべて維持可能な森林で伐採された木から作られており、またフレグランス自体の香りは、最新のテクノロジーを用いることで、地球に優しい方法で作られています」とリリースは謳っている。

グライムスはその溢れる才能で、私たちをいつもワクワクさせてくれる。自身4作目となる傑作最新アルバム『Art Angels』の音、アートワーク制作、手の込んだMVのディレクション、そして自身のレコード・レーベル立ち上げなど、彼女からは目が離せない。今後はファッションとのクロスオーバーが増えることを期待したい。

Credits


Text Emily Manning
Campaign image courtesy Stella McCartney
Translation Shinsuke Kuriyama at WORDSBERG Inc.

Tagged:
Fashion
POP
Beauty
stella mccartney
grimes
fragrance