台北の最先端ブランドを集めたPOP-UPイベントをWUTにて開催

近年、世界から注目を集めるアーティストやデザイナーの登場によりクリエイティブシーンにかつてないほどの盛り上がりを見せる台北から、気鋭ブランドが集結。期間限定POP-UPイベントをWUT store/destination Tokyoで開催する。

|
okt 12 2018, 10:16am

10月12日から26日までの2週間、WUT(ヴット)にて台北出身の若手デザイナー5名が参加するPOP-UPイベントが開催される。これまでにも数々のデザイナーを輩出し、現在も多くの世界で活躍する若手クリエーターが生まれる街、台北。その最前線に立つファッションブランドを一挙にチェックできるまたとない機会となっている。

<参加ブランド>

TEUNG YU CHAN(ツォン・ユ・チャン)
デザイナーのJoe Chanはパリのデザイン専門学校エコール・ドゥ・ラ・シャンブル・サンディカル・ドゥ・ラ・クチュール・パリジェンヌを卒業後、KOCHÉでインターン経験等を経て帰国。2016年に自身のブランドを立ち上げる。フランスで得た経験を台湾の伝統工芸やストリートカルチャーと融合させるデザインが特徴。

WU JIU PLEASE(ウ・ジウ・プリーズ)
夢や物語、映画、歴史、事件などがデザインのインスピレーション源となり、デザイナーの表現したいテーマを洋服を通して疑似体験できるというコンセプト。着る人によって洋服の表現方法が変わるというのが、ブランドの一貫した世界観である。

DYCTEAM®(ディーワイシーチーム)
日常生活から得るインスピレーションを元に、多様なライフスタイルを表現したデザインを展開する。18FWシーズンでは1940-1990年代のトレンドを遡り、時代性を再現しつつも、新しい素材を起用することで、オリジナルなファッションを提案している。

SABRINA HSIE(サブリナ・シェー)
Jason Wuのもとで生地デザインのアシスタントとして働いた経験を持つデザイナーは、台湾に戻ったあと、在学していた服飾大学での卒業作品で、デザイナー新人賞を獲得。服のデザインを通して、自分のブランド理念を表現している。

SHEN YAO(シェン・ヤウ)
2015年の秋に台北で立ち上がったオリジナルブランド。身体を布として捉え、あらゆる美しいものは制限なくその上に表現できるという信念のもと、伝統的な性別の枠にとらわれない服づくりをしている。Asia Fashion Collectionのサポートにより、NYFWにて2018AWコレクションを発表した。

『WUT × TAIPEI』
会場: WUT store / destination Tokyo
住所:新宿区新宿3-38-1 新宿ルミネエストB2F
日時:2018年10月12日(金)〜2018年10月26(金)
OPEN:平日11:00-22:00 土日祝10:30-21:30