KEIKO NISHIYAMAの「驚異の部屋」

新鋭ブランド3組が渋谷PARCOにてPOP-UP STOREを開催中。日本初上陸となるKEIKO NISHIYAMAの博物陳列室をテーマにした「驚異の部屋」へようこそ。

|
aug 1 2016, 10:18am

ビル建て替えのために一時閉館することとなった渋谷PARCO。休業前の最終営業にフィナーレを飾るのは、渋谷PARCOにて現在開催中で、8月7日(日)まで開催される期間限定ショップ「NEW DESIGNERS LIMITED SHOP」だ。ロンドンを拠点に活動するKEIKO NISHIYAMA、フセイン・チャラヤンの元でアシスタントを経て独立したTOKIKO MURAKAMI、2016年春夏コレクションから東京ファッションウィークデビューを果たしたTSUKASA MIKAMIといった新鋭ブランド3組によるこのショップだが、中でもKEIKO NISHIYAMAのウェアラインが日本初上陸ということで注目を集めている。

2014年より、ロンドンで拠点にスタートしたKEIKO NISHIYAMAの今回のブランドコンセプトは「キャビネット・オブ・キュリオシティ(驚異の部屋)」。この宝箱やびっくり箱を彷彿させるようなネーミングの「キャビネット・オブ・キュリオシティ」とは、近世ヨーロッパの博物陳列室を意味する。別名「ヴンダーカンマー」とも呼ばれ、自然物・人工物問わず世界中から珍奇なものが収集されたその部屋は、今日の博物館の前身となったと言われている。そんな興味深い部屋をテーマにしたKEIKO NISHIYAMAの幻想的な手書きプリントは、自然美と人工美の調和が美しい。あなたも是非、この夏渋谷に出現した「驚異の部屋」の扉を開けてみてはいかがだろうか。

www.keikonishiyama

「NEW DESIGNERS LIMITED SHOP」
開催期間:開催中~8月7日(日)
会場:渋谷PARCO PART1 / B1F
時間:10:00~21:00

Credits


Text Noriko Wada