Name. 17AW 妄想の旅行先で

忙しくて旅行に行けないのなら、妄想で旅をする。今季のName.が東京タワーのふもとで発表したのは「妄想の旅行先で出会った若者たち」。様々な時代と国が入り混じったユースカルチャーをストリートスタイルで表現する。

by Tatsuki Nakata
|
21 March 2017, 5:35pm

清水則之がデザイナーを務めるName.が2017年秋冬コレクションを発表した。「-A Delirious Odyssey- 妄想放浪」と銘打たれた今季のテーマ。清水は「忙しい日々を送っている時に目にした、友人が旅行中撮影した写真からインスピレーションを得た」と話す。「旅行先でこんな人がいたら面白いだろうな」「旅行で来て行くならこんな格好」など清水のイメージする理想の旅でまとう洋服を今季のコレクションで表現した。

今季のコレクションは友人が旅をしたモロッコ、スリランカの写真から着想を得たテキスタイル柄のニット、80sのイギリスからインスピレーションを得たチェック柄など様々な国、時代のユースカルチャーをコラージュさせて作られている。「洗練されすぎず、あえて"抜けた"バランスを作ることに最もこだわった」と話すようにシャツやコートの重ね着、テーラードジャケットにムートンベストをスタイリングするなど清水の描く"かっこよさ"が随所に散りばめられていた。

Credits


Photography Shun Komiyama
Text Tatsuki Nakata

Tagged:
amazon
FASHION WEEK
Backstage
T
name
tokyo fashion week
fashion news
aw17
amazon fashion week
noriyuki shimizu