僕の大切なひと

i-D UKから2017年の注目フォトグラファーとして選出された東海林広太。彼が刺激を受けてやまない8人にストレート・アップスを行った。モデルとなったのは小浪次郎やYOSHIROTTEN、さらには祖父まで。彼らが仕事、信条、そして未来について語る。

|
30 March 2017, 12:25pm

小浪次郎 写真家 30歳 八丈島出身 その仕事に一番大事な資質は?撃つ勇気があるか。混乱の中で冷静さを失わない人。仕事のプロセスの中でどこに一番喜びを感じる?シャッターを切る3秒前位。無意識の時間とそうでない時の時間。踏み込むための時間。色んな感情がその時溢れる。その時間が1番好き。その後はもういいだろって言われてから撮る時間が好き。後は人に見せる時。あなたに影響をあたえるものは?見飽きた景色。いま一番興味のあることは?犬の散歩。動物は何を考えているのか。自分の行動に付いて来るか来ないか。自分の鏡みたいなもんだね。写真と似てるかな。あなたの表現の強みは?なんですかね?逆に聞きたい。いま一番誰を撮りたい?近所のDELIのおじさんですね。写真と映像についての考え方を教えて?映像はやりません。興味がないです。シャッターチャンスがあるかないか。視覚的なものと聴覚的なものに対しての考え方を教えて?見えないよりも聞こえない方がいい。それだけ視覚を信じてる。聴覚はウソをつくけど視覚はウソがないから。あなたにとって性別は特別な意味を持つ?特に持ちません。どちらにせよ狂わせたい想いです。あなたにとって美しさの定義は?そもそも、俺に定義はない。そもそも、世界を限定する必要もない。そもそも、何かを明瞭にすることが嫌い。なので、自分にとって美しさとは常に曖昧なもの。人生においての信条があれば教えて?もっと自由に。あなたにとって自由とは?記憶の中で海を初めて見たのが八丈の海で親父の背中に乗って見たのね。その時、凄く自由を感じたのね。その感覚。広い世界を見ろ。ってことなんだと想うよ。あなたが一番幸福を感じる瞬間は?難しいね。たくさんある。

野田祐一郎 写真家 30歳 熊本県合志市出身 その仕事を選んだきっかけ、動機、初期衝動は?元々映像のアシスタントをしていて、一人で完結出来る写真に興味を持ったから。スキルをどこで、どのように学んだ?独学。その仕事に一番大事な資質は?ゆれること。今までの仕事のハイライトは?ハイライトというより3.11は大きなきっかけにはなった。仕事のプロセスの中でどこに一番喜びを感じる?撮ったものが120%の時。デジタルで撮影してもその場で撮ったものは確認はしない?しないです。あなたに影響をあたえるものは?出会い。今取り組んでいるプロジェクトは?対極にある2つが実は1つなのでは?っていうテーマで作成してるパーソナルワーク。いま一番興味のあることは?ちゃんと愛すること。あなたの表現の強みは?自分を疑うこと。いま一番誰を撮りたい?祖母。視覚的なものと聴覚的なものに対しての考え方を教えて?。視覚的な物は思考すること。聴覚はもっとフィジカルなもの。将来に対するあなたの望みと夢は?考える続けること、揺れ続ける、感覚に正直に。あなたにとって美しさの定義は?定義出来ない。人生においての信条があれば教えて?作って、一瞬ニヤッとして、ぶっ壊して、また作る。んで、それを続けること。あなたが、一番幸福を感じる瞬間は?ロンドンは曇りが多いから、太陽がでると幸せ。

YOSHIROTTEN Graphic designer,Art Director 34歳 鹿児島県出身 その仕事を選んだきっかけ、動機、初期衝動は?10代の頃スケートボードや音楽に夢中で自然にデザインに興味を持つようになった。スキルをどこで、どのように学んだ?デザイン会社に五年いて基礎を学んだ。その間も毎週末仕事の無いときもずっと自身の作品は作り続けてた。その仕事に一番大事な資質は?やる気とセンス。センスとは具体的にどんなこと?一つの面でなく多面的なセンス。例えば一つの色でも何種類もの色から選ぶことなど選択する感覚。今までの仕事のハイライトは?Ace HotelやBoysnoiseなど海外からのオファーが増えて評価されはじめたとき。仕事のプロセスの中でどこに一番喜びを感じる?手がけている作品が形になった時とそれが世の中に出て人にわたったとき。あなたに影響をあたえるものは?目で見るもの、音で聞くもの全て。今取り組んでいるプロジェクトは?新しいスペース作り。いま一番興味のあることは?新しく作るスペースについて。あなたの表現の強みは?パーソナルワークの継続。将来に対するあなたの望みと夢は?自分の表現で世の中の景色を変えていくこと。視覚的なものと聴覚的なものに対しての考え方を教えて?音は視覚的なイメージを作る要素としてとても重要。あなたにとって美しさの定義は?定義はあるけど言語化出来ない。あなたの人生においての信条があれば教えて?スタイルは変貌自在、でもそれを支える強い意思は不変。あなたが、一番幸福を感じる瞬間は?風呂上がり、布団の中。

HORI Hair stylist 34歳 千葉県柏市出身 その仕事を選んだきっかけ、動機、初期衝動は?面白そうだから。スキルをどこで、どのように学んだ?師匠について現場で。特に仕事への姿勢を学んだ。その仕事に一番大事な資質は?根気、諦めないこと。仕事のプロセスの中でどこに一番喜びを感じる?自分の作品が写真のなかで自分のイメージと重なったとき。あなたに影響をあたえるものは?人とのコミニュケーション。あなたの表現の強みは?特にない。将来に対するあなたの望みと夢は?生涯エディトリアルをやっていたい。写真と映像についての考え方を教えて?人は映像でも写真でも動くものだから考え方は変えないようにしてる。視覚的なものと聴覚的なものに対しての考え方を教えて?視覚は現実的な物。聴覚は想像するもの。あなたにとって性別は特別な意味を持つ?持たない。あなたにとって美しさの定義は?ピュアかピュアじゃないか。あなたの人生においての信条があれば教えて?曲がったことは絶対しない。あなたが、一番幸福を感じる瞬間は?楽しんでるとき。

天野祥三(祖父)職人 94歳 東京都南千住出身 その仕事を選んだきっかけ、動機、初期衝動は?戦後色んな仕事を転々として、テント屋を25歳で開業した。スキルをどこで、どのように学んだ?現場で仕事をしながら。その仕事に一番大事な資質は?必要とされること。あなたに影響をあたえるものは?家族。いま一番興味のあることを教えて?時代劇を見ること。あなたの表現の強みは?そんなもん無い。将来に対するあなたの望みと夢は?生きる。あなたにとって性別は特別な意味を持つ?女は好きだよ。あなたにとって美しさの定義は?いい女は美しい。あなたの人生においての信条があれば教えて?とにかくいつでも楽しむこと。あなたが、一番幸福を感じる瞬間は?生きている今。

石田真澄 学生(フォトグラファー)18歳 埼玉県出身 その仕事を選んだきっかけ、動機、初期衝動は?高校一年生のとき写ルンですで友達を撮り始めたことがきっかけ。それまでは携帯電話のカメラで撮影してた。スキルをどこで、どのように学んだ?独学。その仕事に一番大事な資質は?楽しむこと。仕事のプロセスの中でどこに一番喜びを感じる?作品のイメージを考えているとき。あなたに影響をあたえるものは?周りの異業種のクリエイター。今取り組んでいるプロジェクトは?初の個展。いま一番興味のあることは?個展について考えること。被写体とのコミニケーションの取り方、距離感。将来に対するあなたの望みと夢は?広告制作などの物作りに携わる仕事をしたい。写真と映像についての考え方を教えて?写真と比べて映像は音や編集などの他の要素を強く意識している。視覚的なものと聴覚的なものに対しての考え方を教えて?音楽は好きだけど音からインスピレーションを受ける事は無い。あなたにとって美しさの定義は?キラキラしたもの。あなたの人生においての信条があれば教えて?反骨精神。あなたが今一番撮りたい人は?会ってみないと分からない。あなたが、一番幸福を感じる瞬間は?友達を撮っているとき。

弓ライカ モデル 18歳 埼玉県 秩父市出身 その仕事を選んだきっかけ、動機、初期衝動は?高校1年の時に知り合いに声をかけられて。レンズの中で私は何者でもないと感じた。その仕事に一番大事な資質は?映ろうという意思。冷静に考えられる事。感じることができる心。今までの仕事のハイライトは?Radiant。初めての2日間かけての撮影は必然的に普段よりコミュニケーションを取らなくてはいけないという状況での撮影は気持ちも多く入り込みました。仕事のプロセスの中でどこに一番喜びを感じる?形にすることへの喜び。あなたに影響をあたえるものは?空や海、風、緑だったり空気だったり花だったり身近な人だったり道行く知らないおじいちゃんおばあちゃん、人からの小さな気遣いを受けたこと音楽映画飼い猫、犬の行動。いま一番興味のあることは?日々の生活。あなたの表現の強みは?人それぞれの感じ方だと思う。将来に対するあなたの望みと夢は?保護動物への援助活動。写真と映像についての考え方を教えて?写真と、映像、私はあまり意識したことはない。一瞬を切り取る写真の中でも動きと呼吸を大事にしている。視覚的なものと聴覚的なものに対しての考え方を教えて?聴覚も視覚も嘘をつく。けど直接、見るということは信じられる事なのでその感覚を大事にしてる。あなたにとって性別は特別な意味を持つ?特にもたない。あなたにとって美しさの定義は?美しさに定義はいらないと思う。定義付けなくても、美しいものは美しいって感じるから。あなたの人生においての信条があれば教えて?自由。あなたにって自由とはどんな状態?今。あなたが、一番幸福を感じる瞬間は?散歩したり、大切な人達といる時間。

東海林広太 写真家 33歳 千葉県 柏市出身 その仕事を選んだきっかけ、動機、初期衝動は?元々はスタイリストのキャリアがあって、ダイレクションの延長、ビジュアルの絵作りの延長として自然と写真に意識が向いた。スキルをどこで、どのように学んだ?独学。その仕事に一番大事な資質は?写す意思と、その場にいること。今までの仕事のハイライトは?自分の想像を超える写真が撮れていた一瞬。あとはまたその感覚を目指しての繰り返し。仕事のプロセスの中でどこに一番喜びを感じる?被写体と向き合った瞬間から撮り終わる少し前まで。あなたに影響をあたえるものは?自分にとっての日常。見飽きた景色や毎日のこと。今取り組んでいるプロジェクトは?3月末に個展をします。いま一番興味のあることを教えて?日々の生活。あなたの表現の強みは?わからない。そうゆうものは自分が決めるものじゃないと思っているから。将来に対するあなたの望みと夢は、何ですか?あまり先のことは考えない、明日のこともわからないし。とにかく笑えれば。いま一番誰を撮りたい?自分にしか撮れない大切な人。写真と映像についての考え方を教えて?写真が持つ余白が好き。映像が持つ物語性が好き。視覚的なものと聴覚的なものに対しての考え方を教えて?視覚も聴覚もプリミティブな感覚を大事にしたい。あなたにとって性別は特別な意味を持つ?特にない。身体的なことなど違いはあるけど、それは特別な意味はもたないから。あなたにとって美しさの定義は?定義は無い。定義づけれないものが、美しいものなんじゃないかなとは思う。あなたの人生においての信条があれば教えて?好きなことをやって悩んで考えて、最後には笑う。あなたが、一番幸福を感じる瞬間は?大切な人と過ごす時間。

Credits


Photography & Interview Ko-ta Shouji