NMDについて知っておくべき10のこと

もはやストリートシーンで欠かすことのできないスニーカー。今回、アディダス オリジナルスからカルト的な人気を誇る名作モデル「NMD」の最新作が8月18日にローンチする。ブランドの持つ過去のアーカイブからのインスピレーションと、最先端のテクノロジーを融合させた未知なる一足を10のトピックから紐解く。

by Konomi Sasaki
|
12 August 2016, 8:55am

1. スターデザイナーの存在
アディダス オリジナルスの未来的スニーカー、TUBULARのデザインやアディダスとヨウジヤマモトのコラボレーションとなるY-3制作、さらにシュー・オブ・ザ・イヤーを受賞したカニエ・ウエストとのコラボレーションによるYEEZY BOOSTの共同開発など、これまで数々の名作を世に送り出してきた人物がいる。今回、ドイツ、ポートランド、東京の約55人のスタッフを率いて、「NMD」のデザインを主導したニック・ギャルウェイだ。アディダス オリジナルス グローバルデザイン バイスプレジデント。これが彼の肩書き。ちょっと長めなので、名前だけでも覚えておきたい。名作スニーカーにこの人あり。そんな重要人物が未来を見据えて生みだした全く新しいスニーカーこそ、「NMD」である。

2. 伝統のアーカイブと最先端テクノロジー融合
「NMDの開発にあたって、とくにMICROPACERやBOSTON SUPER、RISING STARは熱心に研究したよ」というニックの言葉通り、ブランドの紡いできた歴史と作品のアーカイブを新たなもの作りに活用。過去の経験とブランドの持つ最先端のテクノロジーを取り合わせた全く新しいもの作りを行っている。アディダスの誇るBOOST™テクノロジーを搭載したミッドソールは、耐久性に優れ、クッション性と反発性を両立。さらに、一部モデルのアッパーには、唯一無二の柔軟性・安定性・強度を誇る最先端素材・プライムニットを採用。ブランドの持つアーカイブのなかでもアイコニックなデザインディテールを組み合わせ、最先端のテクノロジーと融合させた革新的なプロダクトと言える。

3. 80年代からのインスピレーション
MICROPACER、BOSTON SUPER、そしてRISING STAR。今回、「NMD」の開発にあたり参考にしたアーカイブはどれも80年代中期に発表されたプロダクト。80年代中期と言えば、アップル社のMacが生まれた時代でもある。世界の常識を変えた革新的なアイディアが誕生し、ファッションやその周辺にあるカルチャーもパワフルな動きを見せた。ちなみに、前述のMICROPACERは"世界ではじめてコンピューターを搭載したシューズ"として、ボストンにある「コンピューター歴史博物館」に展示された歴史も。そんな、全く新しい未来を創造するアイディアが生まれた時代のパワフルな空気を宿す仕上がりだ。

4. 最先端テクノロジー・BOOST™を搭載
今回発表された「NMD」には、アディダスの持つ最先端テクノロジーが集結している。なかでも衝撃吸収性と反発力を兼ね備えた最高レベルのクッション素材"BOOST™ フォーム"をミッドソールに搭載。従来、ミッドソール素材の主流であったEVAに比べ、より高い衝撃吸収性と反発力を発揮。驚くほど軽く、歩きやすいのが特徴だ。元々はランニングのために開発されたテクノロジーは、現在、最新のランニングシューズ、UltraBOOSTはもちろんのこと、フットボールカテゴリから登場したACE 16+ Pure Control UltraBOOST、そしてカニエ・ウエストとのコラボレーションによるYEEZY BOOSTシリーズなどにも搭載され、ブランドの各カテゴリへと広がりを見せつつある。

5. セレブリティをも虜にする現代スニーカー
ファレル・ウィリアムスやエイサップ・ロッキー、ジャスティン・ビーバーやデヴィッド・ベッカムなど、「NMD」は多くのセレブリティが愛用していることでも知られる。ここ日本でも錦織 圭をはじめ、人気急上昇中のバンド、Suchmosのヴォーカル、YONCEが「NMD」を履いて全国ツアーを回っていた。なかでも、現代を代表するファッションアイコンのひとり、ファレル・ウィリアムスは「NMD」とのコラボレーションモデルを発表して、多くのファンを熱狂させた。音楽やスポーツだけなく、ファッションアイコンとして絶大な支持を得る数々のアーティストから支持を得る「NMD」は、今後のブランドを牽引するアイテムとしての可能性を秘めている。さらに、今後は他ブランドとのコラボレーションにも期待したい。

6. Snapchatを活用する
熱狂的なファンを抱えるスニーカー業界において、発表前にプロダクト情報がリークされてしまうことは珍しくない。iPhoneで撮られた画質の悪い非公式のプロダクト写真が出回ることを減らすため、アディダスはSnapchatを採用。アディダス オリジナルスは、2016年5月17日に公式チャンネルを開設し、機密性の高いコラボレーションプロダクトを先行的にお披露目するなどして活用している。ロサンゼルスで開催されたアディダスのイベントに参加したファレル・ウィリアムスは、自身の足元を同社のSnapchatアカウントで投稿。自らのコラボレーションモデルである「Human Race」NMDの写真は人々の注目を集め、Snapchatのスクリーンショット機能により約4000回キャプチャーされ、後にインスタグラムやTwitterといったプラットフォームで拡散され大きな話題となった。

7. 全く新しいコンセプトへの挑戦
「NMD」のテーマは"限界なき都市冒険"。ライフスタイルが多様化する現代において、これまで以上に身につけるものが重要な意味を持つ時代となった。ニックを中心としたデザインチームのメンバー自身が「どのように旅をして、そこでのシューズに対するニーズは何か」ということを熱心に話し合ったという今作。スタイリッシュだからという理由で選べば機能性に欠けるが、逆に機能だけを重視したものはファッション性に欠ける。そして現代の移動手段は、徒歩や自転車、飛行機まで様々だ。クールで機能性にも優れる、そんなどんな都市移動にも最適なシューズを"ライフスタイルスニーカー"と名付けた。テニスシューズとして生まれたStan Smithをストリートに普及させたように、アディダス オリジナルスというブランドは、スポーツにルーツを持つシューズをストリートに復刻することを目的としたブランドであった。しかし、「NMD」は特定のスポーツシューズを復刻したものではなく、全く新たなコンセプトを持ってゼロから開発された一足なのだ。

8. NMDというコードを手に入れる
ツイッターやインスタグラムのハッシュタグに代表されるように、都市生活において"コード"はとても重要な役割を持つようになった。どんなコードを持っているか、使うことができるかがSNS上、さらには普段の生活にも影響する時代に、最も注目度の高いスニーカーのコードは必須だろう。「NMD」というプロダクトのネーミングについてニックは「僕のチームは皆が絶えず移動し続けるノマド(nomad)なライフスタイルを実践していることに加え、新しさ(new)や現代らしさ(modern)がデザイン(design)の過程でたくさん議論されたということにもかけてNMDとしたんだ」と語っている。

9. 行きつけのスニーカーショップを持つこと
スニーカーはシティボーイの必須アイテムだ。コンフォータブルやエフォートレスがキーワードの時代に、重い革靴をデイリーに履くのはナンセンス。歩きやすく、動きやすい。自分の行動さえも変えてしまう軽快なスニーカーのシェアはこれからも伸びていくことは間違い無い。その人気ぶりから、ここ数年、スニーカー専門店が増殖しつつあるが、ひとつ自身の行きつけのショップを持つといい。ショップスタッフとの密なコミュニケーションから貴重な情報を手に入れることもできるはずだ。

10. NMDを手に入れるには
熱狂的なファンも多いNMDだけに、これまでの発売時には世界中のショップに行列ができるほどファンが殺到した。そんななか、8月18日に新たな15モデルの「NMD」の発売が決定。 パイオニアモデル「NMD_R1」はもちろんのこと、新たなシルエットとなる「NMD_XR1」は特に争奪戦が予想される。そんな超人気モデルを手に入れるには、とにかく情報収集が肝心。アディダス オリジナルス ルックブック取扱い店舗、さらに各店舗のSNSなどをチェックして備えるべし。adidas ONLINE SHOPでは午前10時から販売開始。確実に手に入れたい人はスマートフォンを片手にショップに向かうのが最善の方法だろう。必ず好みの一足を必ず見つけることができるはずだ。

adidas Originals
http://shop.adidas.jp/originals/NMD/

Credits


Text Konomi Sasaki 
Presented by adidas Originals

Tagged:
Adidas
10 things
adidas nmd
adidas originals nmd