Acne Studios 

Acne Studios 2018秋冬カプセルコレクション

インスピレーション源はブルースのレジェンド、ジョニー・ウィンター。

by Clementine de Pressigny; translated by Nozomi Otaki
|
29 October 2018, 4:33am

Acne Studios 

クリエイティブ集団としてスタートしたスウェーデンのブランド、Acne Studios。デザインへのアプローチにおいて、衣服と音楽、映画、アート、建築が重なる部分を探るなど、従来のファッションブランドとは一線を画す活動を行なってきた。なかでも音楽は、Acneの世界で重要な役割を担っている。今回、クリエイティブ・ディレクターのジョニー・ヨハンソンが、2018秋冬メンズ・カプセルコレクション〈ジョニー・ウィンター・プロジェクト〉について、i-Dだけに語ってくれた。

「音楽は、様々な分野からアプローチを試みるという、Acne Studiosに受け継がれてきたDNAの中心にあります」とヨハンソン。「それが僕たちの原点です。Acneはファッションブランドですが、僕は他分野のクリエイターから刺激を受けることが多いんです」。そんな彼が発表する今季のコレクションは、タイトルからもわかる通り、ブルースのレジェンド、ジョニー・ウィンターに捧げられている。

Acne Studios fall/winter 2018 menswear
Acne Studios The Johnny Winters Project

テキサス生まれのブルース・ミュージシャン、ジョニー・ウィンターは、幼い頃にギターを始め、2014年、70歳で亡くなるまでギターを離さなかった。1969年、15歳のとき、当時としては破格の契約金でコロムビア・レコードと契約。情熱と独創性にあふれるエネルギッシュなギター演奏で知られたウィンターは、レーベルによって商業的な意味でのスーパースターの座に押し上げられる。しかし彼が求めていたのは、真のカントリー・ブルースを演奏することだけだった。

生まれつきアルビノだったジョニーは、ピンクがかった瞳、クリーム色の肌、ホワイトブロンドに、ひょろっとした体型も相まって、独特の存在感を放っていた。その並外れた才能によって、彼は憧れの存在だった巨匠マディ・ウォーターズのアルバム3枚をプロデュースすることになる。これらの作品は、いずれもグラミー賞を受賞した。

Acne Studios menswear
Acne Studios The Johnny Winters Project

〈ジョニー・ウィンター・プロジェクト〉の構想は、しばらく温められていたものだという。「数年前、パリでショーのスタイリングをしたとき、オークション会社のサイトを見てアート作品を探していました」とヨハンソン。「そのとき、ジョニー・ウィンターのギター、服、アクセサリー、ポスターなど、彼にまつわるものがたくさん出品されているページを見つけたんです。かなりの数を落札しました。そのあとどこかのタイミングで、これがコレクションのインスピレーション源になるかも、と気づいたんです」。このコレクションでは、ヨハンソンによるアイコニックなピースが再解釈され、ウィンターのステージでのペルソナと、実生活での堅実な人柄が表現された。

今回手に入るのはAcne Studio版のブルースの歴史だけではない。ジョニー・ウィンターのアーカイブから、一点もののコレクターズアイテムが同時に発売され、本当の〈ブルースの歴史〉も購入できる。売り上げは全てウィンターの人生と遺産を記録・保存する団体〈Johnny Winter Foundation for the Arts〉に寄付される。

〈ジョニー・ウィンター・プロジェクト〉はオンラインショップと店舗で発売中。

Acne Studios menswear

Acne Studios menswear

Acne Studios menswear

Acne Studios menswear

Acne Studios menswear

1540315207014-9

This article originally appeared on i-D UK.

Tagged:
Fashion
Menswear
Acne Studios