アイスランドのHIPHOP最前線

このプレイリストを聴けば、「火と氷の国」を包んでいるHIPHOP熱が感じられるだろう。

|
sep 5 2016, 11:47am

布団に入れば子守唄を歌ってくれるのはシガー・ロスだし、その向こうには音楽の母ビョークがいつでも優しく微笑んでいる——そんな環境に育ったアイスランドの子供たちは見事に成長し、偉大な親が作り出した音楽の世界をさらに広げようとしている。音楽最新事情を探るべくアイスランドを旅した私たち——ストルラ・アトラス(Sturla Atlas)とともにレイキャザルールの谷を歩き、GKRとスタジオでの時間を共にし、女性15人のラップグループReykjavikurdaeturとともにアルバムリリースをお祝いするなど、アイスランドの音楽シーンは実に懐が深かった。そこで私たちは、そんなアイスランド・ヒップホップシーンの今がわかるプレイリストを作ってみた。今回の旅で出会った新進気鋭アーティストたちに加え、若干16歳のアロン・カン(Aron Can)、素晴らしいプロデューサーロード・パスウィップ(Lord Pusswhip)、ラップグループに転身したスケーター集団シェイド・オブ・レイキャビク(Shades of Reykjavik)、そしてトラップの貴公子ギスリ・パルミ(Gisli Palmi)など、極上のプレイリストをご堪能あれ!

Credits


Text Frankie Dunn
Translation Shinsuke Kuriyama at WORDSBERG Inc.