Greta Thunberg by Harley Weir

「自閉症は誇り」活動家グレタ・トゥーンベリがもたらした前向きな変化

気候変動を訴える学校ストライキをはじめ、その活動を世界に広めたグレタ・トゥーンベリ。彼女は自閉症であることを公言し、メディアが描きがちな自閉症のイメージに新たな視点をもたらした。グレタの活躍について、自閉症を抱える若者たちに話を聞いた。

by Jack Howes; translated by Nozomi Otaki
|
05 June 2019, 3:49am

Greta Thunberg by Harley Weir

グレタ・トゥーンベリのTwitterのプロフィールには、「16歳のアスペルガーの気候アクティビスト」と書かれている。〈16歳の気候アクティビスト〉という部分は、すでに広く知られている事実だ。スウェーデン出身のグレタは昨年、数十年にわたって活動してきた数百万人の大人たちを凌ぐ勢いで、地球温暖化の危険への関心を高めることに成功した。彼女は、変化を起こすための勇気、抗議のパワーを体現する存在となった。

しかし、プロフィールの〈アスペルガーの〉という部分は、それほど知られていない。彼女は、自閉症の一種であるアスペルガー症候群であることを公言しているのだ。

greta thunberg harley weir

自閉症の特徴として挙げられるのは、社会的な交流、コミュニケーション、行動における差異や、感覚刺激への反応の偏りだ。20世紀半ばに正式に命名されて以来、自閉症は、不器用、変わっている、社会性に欠ける、など、望ましくないとされる性格特徴を示す代名詞として使われてきた。自閉症を抱えるひとびとは、数世代にわたって、教室、遊び場、公園、職場などで、言葉や暴力によるいじめに遭い、友人をつくれず、のけ者や変人扱いされてきた。

だからこそ、自閉症であることを誇りに思い、それをオープンにしている同世代のヒーローが、自閉症の若者たちの憧れと称賛の的となっている。

米国コロラド州デンバーの17歳のブロガー、クインシー・ハンセンも自閉症を抱えている。自閉症のポジティブな特徴が話題にのぼることは、彼のようなひとびとにとってまさに天からの恵みだ。「グレタが自閉症のポジティブな面を強調したことは、とても大きな意味があります」とクインシーは言明する。「今の自閉症のイメージは、100%ネガティブだから」

「みんな僕たちの欠点にしか言及しない。話題にのぼるのはデメリットばかりで、僕たちが社会にもたらすポジティブな効果には全く触れられない。確かに自閉症は厄介だけど、メリットだってたくさんある。グレタは、自閉症のイメージを肯定的なものに変え、自閉症は本来悪いものではないということをみんなに理解してもらうきっかけになる。そう心から信じてる」サウスロンドンで暮らす22歳のイッシー・ジャクソンも、彼に同意する。

「私はグレタにすごく勇気づけられました。私たちが怖気づいたり、誰にも気づかれないように隠そうとするのは、自閉症を恥ずかしいと思う気持ちがあるから。でも、彼女が堂々と自閉症であることを公にしたことで、社会における自閉症の認識が変わるかもしれない。私も自閉症であることを隠さないで、むしろ誇りに思うべきだ、って励まされました」

greta thunberg harley weir

活動家として成功を収めたグレタについて、さらに注目すべきは、彼女が自閉症を抱える女性であるという事実だ。現在、男性が自閉症と診断される確率は、女性の約4倍。自閉症が認知されて以来、男性医師が診断基準を定め、検査の対象となるのも男児で、女性は二の次だった。グレタはマイノリティのなかのマイノリティなのだ。

同じく自閉症の16歳のシエナ・カステロンは、いじめ反対の活動家で、自閉症や学習障害をもつ子どもたちからの相談を受け付けるウェブサイト〈Quantum Leap Mentoring〉を立ち上げた。シエナも、グレタから刺激をもらったという。

「自閉症を抱える10代の女の子として、姉妹のように感じてる。同じような体験もしてるし。グレタのお母さんが言うには、グレタはいじめられていて友だちがいなかったそうだけど、多くの自閉症の女の子は10代のときに同じような経験をする」

「周りと違うっていう理由でクラスメイトに避けられたり、ひどい扱いを受けたりする。そんな経験がきっかけで、私は神経多様性(訳注:脳の違いによる行動や思考の違いを尊重する考え)を支持し、いじめに反対する活動を始めた。そういう意味では、私たちは似たような道を歩んできたと思う」

イッシーも彼女に共感する。「自閉症の女性について語られる機会はほとんどありません。これはすごく深刻な問題で、彼女たちは、自分が体験していることは本当に現実なのか、と悩んでしまう。私自身も、ずっと自分が信じられなくて苦しんできました」

「つまり、ロールモデルがいなければ何もわからないんです。グレタのようなひとがこの時代の重要な問題の最前線に立っていることで、私や他の女性に共感できる存在ができた。彼女の活躍は、私たち自閉症の女性の体験が本物であることを証明し、私たちの存在を可視化するだけでなく、私たちは有能なんだということを示してくれました」

greta thunberg harley weir

もちろん、現状に異を唱えた若い自閉症の女性に、批判の声も上がっている。物議を醸す発言を繰り返している英国ジャーナリストのトビー・ヤングは、政府が気候変動への対策を「何もしていない」というグレタの発言は間違っている、と主張した(しかし、テリーザ・メイ首相はグレタとの会談を辞退し、学校を休んでグレタのストライキに参加する学生たちを批判している)。

右派の資産家で、気候変動否定派のチャールズ・コークとデヴィッド・コークから資金援助を受けているウェブマガジン〈Spiked〉のエディター、ブレンダン・オニールは、「グレタの声は抑揚がなく、見た目も話しかたもカルトのメンバーのよう」と形容し、「ゾッとする」と述べた。

しかし、本当の意味で〈ゾッとする〉のは、彼の発言の根底にある障がい者差別だ。このようなコメントは、シエナによれば「社会全体が異なるひとびとにいまだ不寛容であることを証明している」という。

greta thunberg harley weir

自閉症患者の平均寿命は、健常者に比べて16年も短い。雇用率は低く、精神疾患の罹患率や社会的に孤立する可能性も高い。自閉症患者に向けた支援や施策は、ゆりかごから墓場まで、慢性的に不足している。

このような現状を鑑みると、グレタの行動がいかに勇敢であったかがよくわかる。自閉症患者の約8割が、人生のどこかの時点でメンタルヘルスの問題を抱え、グレタ自身も、強迫性障害、場面緘黙症、さまざまな不安症やうつ症状によって、学校を長期間休んだり、10キロ痩せたこともある。

しかし、もし自閉症と診断されなければ、学校ストライキを始めることも、気候変動への関心を高めることもできなかった、とグレタはいう。

グレタの言葉と行動は、政治家をはじめとするひとびとに気候変動への対策を急かすだけでなく、ゆくゆくは世界中の自閉症患者の生活への関心を高め、その改善を促すこととなるだろう。

greta thunberg harley weir

自閉症を抱える20歳のライフスタイル・ブロガー、レベッカ・ギリアンも、グレタに世間の注目が集まっていることを喜んでいる。

「自閉症を抱えるひとびとの多様性を示し、私たちが弱さだけでなく強さももっていて、きちんとした支援さえあれば幸せに暮らせるんだということに気づかせてくれる。そんな存在がいるのは素晴らしいことだと思う」

レベッカもクインシーの意見に同意する。「これまでも、グレタはたくさんのステレオタイプを打ち砕いてきた。彼女には、自閉症を抱えるひとびとが、有能で、優秀で、強い意志の持ち主だということを知ってもらうきっかけになってほしい」

〈ろくでもない連中なんかに負けないで、果敢に挑もう〉。これが、グレタから自閉症を抱えるひとびとへのメッセージだ。

greta thunberg harley weir
greta thunberg harley weir
greta thunberg harley weir
greta thunberg harley weir
greta thunberg

Credits


Photography Harley Weir

This article originally appeared on i-D UK.