80's、SF、ストリートアートにスペーストリップ。キム・ジョーンズが誘うディオールフォール 2021のショー

本日、12月8日(火)夜22時(日本時間)に〈DIOR.COM〉にて全世界オンラインの同時配信のショーと、北京ではエクスクルーシブなイベントが開催。

by i-D Japan
|
08 December 2020, 12:00pm

KAWS、空山基、ダニエル・アーシャム(Daniel Arsham)にアモアコ・ボアフォ(Amoako Boafo)。キム・ジョーンズがディオールのメンズ アーティスティック ディレクターに就任してからというもの、私たちはコンテンポラリーアート界の先駆的なアーティストとディオールの融合を、コラボレーションというさらにスペシャルな視点を通して、パワフルで刺激に満ちたセッションを体験することができたのではないだろうか。

そして、また今回の次なる創造者は、現代のクラブアートのプロトタイプであり、NYの複合的アートの実験場であった「Club 57」の中心人物、ケニー・シャーフをコラボレーターとして迎え、フォール 2021 コレクションの世界を創り上げるという。

80年代にアンディ・ウォーホールやキース・ヘリング、ジャン ミッシェル・バスキアといったポップアートの重鎮らとともに、80年代イースト・ヴィレッジのアートシーンを象徴する人物のひとりだったケニー・シャーフ。

幼少期に見たアメリカのTVアニメやカートゥーン、シュルレアリズムに影響を受けたケニーが描いたのは、ビビッドで毒々しい色の生物や歪んだ形状や空間といった誰もが受け入れることができるコミカルで楽しいグラフィカルな世界だ。

このコラボレーションでは、キムとケニーによって編み出される「80's」「ストリート」「アート」や「SF」といった共通ワードによって表現されるブレイントリップとなるだろう。

本日、日本時間夜22時より、世界同時配信のライブストリーミングは、下記のプラットフォームより視聴が可能。

TWITCH
https://www.twitch.tv/dior

DIOR.COM
https://www.dior.com

DIORMENFALL

DIOR_KENNY_SCHARF_PORTRAIT.jpg