ナイキとマシュー・M・ウィリアムズの4 回⽬のコラボレーションが発表

コレクションには、ズーム MMW 4のシューズや、「鍛錬」という⽂字がアイコニックに施されたアイテムが登場。デザイナー、マシュー・M・ウィリアムズにその真意を聞いた。

by Kazumi Asamura Hayashi
|
27 May 2021, 7:50am

今回のコレクションは、東京の暑い夏を想いデザインされているという。ウィリアムズは次のようにこのアイテムについて話している。「⽇本の暑い気候の中でも⾵通し良く、軽く、便利に着こなせるように作りました。トレーニングのときに⼗分に機能が発揮できるように、ナイキのイノベーションを深く理解し活⽤しています。また、今回のコレクションでは、環境持続性に優れた素材を採⽤したことも⼤きな特徴です。」

コレクションを発表したウィリアムズに、彼の制作に対する想い、またスポーツとファッションの関係性など聞いてみた。

あなたの考えるスポーツとファッションの関係性について教えてください。

ファッションはスポーツから着想を得ています。⾃分の⾒た⽬に満⾜できたら、気分も良くなり、実⼒も発揮できます。これはファッションにおいてもあてはまり、⾒えないものですが、⼈のエネルギーにもなっていると思います。

あなた自身もトレーニングやスポーツをすると思いますが、あなたにとって日々の生活にスポーツやトレーニングを取り入れることとは?

運動することで毎⽇ベストの状態を発揮できますし、⼼もポジティブに健康に保つことができます。朝起きてまずトレーニングするという習慣をとても気に⼊っており、トレーニングすることで創作意欲が⼤いに湧いてきます!

**
コロナ禍のロックダウン中、どのように過ごしていますか?デザイナーとしてたくさんの運動をしていますか?どのように過ごしていますか?何を考えているのですか?**

この1年間で、私は⾃分⼀⼈でより快適に時間を過ごす⽅法を学びました。今回のことで、⾃分のクリエイティブなプロセスやコレクションに命を吹き込む⽅法などを再度考える機会となりました。また、⾃宅にジムを作り、 毎⽇運動できるようにして、スポーツや運動を⽇常に取り⼊れるようにしました。私は⾃分⾃⾝をより活動的にし、規律を守ることに専念しました。時間をかけて規律を守ることは、私の創造的思考にとって不可⽋だからです。

SP21_CMB_MMW004_IFFRENCH_BRANDED_COLLAGE_001.jpg

ナイキとのコラボレーションが4回目となりました、制作の際に重要視していることは何ですか?

対話です。会話によって、⾃分だけでやるよりももっと良いプロダクトやアイディアが形になっていきます。これがナイキとのコラボレーションの醍醐味です。何年も⾰新に取り組んできたという点において、私たちは⼀つのチームとなる⼀⽅、常に刺激を受けながら協⼒して達成できることに感激しています。ナイキのサポートと私への信頼に⼼から感謝しています。

過去のコレクションの中で、気に⼊っている点で最新コレクションにも反映していることはありますか?また、新たに挑戦している点はありますか?

私のデザインプロセスはナイキとの共同作業で、お互いに新しく実験することを好んでいます。双⽅で協⼒して、機能的なアパレルとフットウエアに先駆的なアプローチを取り⼊れる点において⼀貫しています。継続的に製品改良に取り組み、プロジェクトを進化させています。メンズパンツも、継続的にデザインを修正し改良してきた良い例です。これはパートナーシップの中の定番アイテムとして確⽴させてきた3イン1トレーニングボトムズの新しい表現になっています。

SP21_CBM_MMW004_MWILLIAMS_BRANDED_COLLAGE_004.jpg

前回のコレクションでは、新鮮な空気、⽇光と外に出てトレーニングしたくなる服がコンセプトでしたが、今回のコレクションについて特別なコンセプトやインスピレーションはありますか?

このコレクションは、東京の暑い夏を考えてデザインしています。⽇本の暑い気候の中でも⾵通し良く、軽く、便利に着こなせるように作りました。

アパレルに記された鍛錬の⾔葉がとても⽬を引き、⽇本⼈としてはとても強い印象に残ります。「鍛錬」の⾔葉からはストイックな精神性を感じますが、どうしてこの⾔葉を選んだのですか?

これは⽇本⼈の友⼈との会話がきっかけです。鍛錬というのは、とてもパワーのある⾔葉あり、トレーニングを指す⾔葉です。私は毎⽇瞑想し、週2、3⽇運動していますが、この瞑想とトレーニングの習慣によって、⼼、体と精神のつながりを維持しながら、モチベーションを⾼め、毎⽇最善を尽くそうという前向きな意識を保つことができます。

ご⾃⾝のブランドに加えて、メゾン・ディレクターという肩書きが加わりました。この新しい役割は、あなたにとってどのような意味を持ち、あなたの創造性にどのような影響を与えていますか?

ジバンシィでこのような名誉ある仕事を担うことができ、⼤変光栄です。まだ1年⽬なので、いろいろと学んでいるところです。ショーが3⽉に⾏われたときは興奮しました。順調に進んでいることに満⾜しています。ジバンシィはとても歴史のあるメゾンで、私はチームをとても尊敬していますし、新しいエキサイティングなものを⽣み出すためにチームが⼀丸となっていることにエネルギーをもらっています。

SP21_CMB_MMW004_IFFRENCH_BRANDED_ONBODY_002B.jpg
SP21_CBM_MMW004_PRODUCT_BRANDED_FTW_01.jpg