Photo courtesy of Four of Diamonds

新世代のスパイス・ガールズ? 次にくる英国ガールズグループ3組

スパイス・ガールズの時代は終わった。英国ポップの次世代を担うガールズグループは、unperfect、303、そしてFour of Diamondsだ。今大注目の3組に、結成までのエピソードや、彼女たちが考える〈ガールパワー・スローガン〉について語ってもらった。

by Michael Cragg; translated by Nozomi Otaki
|
29 May 2019, 7:32am

Photo courtesy of Four of Diamonds

ノスタルジーに溢れる現代の文化に何を求めるかは人それぞれだが、私たちはいつまでも過去に依存し続けるわけにはいかない。(ヴィクトリアを除く)スパイス・ガールズが今夏スタジアムツアーを開催し、再びカーゴパンツに足を通したオール・セインツが復帰後2枚目となるアルバムを発売するのは、いずれも喜ばしいニュースだが、私たちはそろそろ未来に目を向けるべきだ。

活動休止もささやかれるリトル・ミックスの後を継ぐのは、いったいどの次世代ガールズグループなのか。美しいハーモニーを奏でるヒットソング、髪をかきあげるダンスの後継者は? 第二のサラ・ハーディングは現れるのか?

そしてもっとも重要なのは、Spotifyでの再生回数と雑誌への露出をヒットチャート入りに結びつける方法を最初に編み出すのは誰なのか、ということだ。

このような疑問に対する答えをもっているのは、以下の英国ガールズグループかもしれない。

unperfect girlband shot by rachael wright
unperfect. Photography Rachael Wright

unperfect

彼女たちは何者? 結成のきっかけは?
シェールの「Believe」をはじめ、ガールズ・アラウド、カイリー・ミノーグ、ペット・ショップ・ボーイズなどの数々の名曲を手がけてきた共同作曲家/プロデューサーのブライアン・ヒギンズ。そんな彼がこのグループに出会ったのは、自らのハウス/インディペンデント系プロダクションレーベル〈Xenomania〉のために、何年もかけて新人ガールズグループを探していたときだった。ティア、クロエ、ショバン、ソイパンからなるUNPERFECTは、Xenomaniaファミリーの一員として作曲やレコーディングを始めるが、同レーベルのクリスマスパーティでひと晩ソファで語り明かしたあと、メンバーたちはグループとして活動していくことを決意。その考えをヒギンズに伝え、今に至る。

どんなサウンド?
元Xenomaniaの先輩グループ、ガールズ・アラウドのセンセーショナルなエンジン全開ポップミュージックというよりも、初期のシュガーベイブスの〈オーガニック〉なサウンドに、90年代のポップスやR&Bを混ぜた感じ(もちろんまだ活動を始めたばかりなので、今後変わる可能性もある)。

ベストソングは?
彼女たちの曲は今のところ「Gots to Give the Girl」だけ。でも名曲だし、すぐに新曲がリリースされるはずだから、慌てなくても大丈夫。

以下、本人インタビュー。

——グループ名の由来は?
ソイパン:〈unperfect(不完全)〉は、良いところも悪いところも全部ひっくるめた私たちを表す言葉。私たちのバックグラウンドはそれぞれ全く違うから、同じ体験をしても同じように受けとるとは限らない。でも、みんな若い女性で、ベストを尽くそうとしてるのは同じ。他の若い女性、女の子たちにもそれをわかってもらえるとうれしい。
ショバン:ベストを尽くしながら、自分らしさも大切にしてる。

——グループのサウンドを5つの言葉で説明するとしたら? ひとつは色を表す単語でお願いします。
ティア:鮮やか、ファンキー、フレッシュ、奇抜。
クロエ:インディ。
ティア:色はオレンジ。
クロエ:なんで?
ティア:オレンジが好きなひとってあんまりいないから。
クロエ:エセックス出身なら好きだと思う。私もそう。
ティア:私はただオレンジが特別だと思っただけ。
クロエ:わかった。じゃあそれでいいよ。

——カルヴィン・ハリス、ショーン・ポール、Migosのメンバーのなかで、いちばんコラボしてみたいのは?
クロエ:全員。
ティア:カルヴィン・ハリスとコラボしたらヒットしそう。クールな曲ができそうなのはMigos。
ショバン:Migosって誰?

——今の持ち曲は全部で何曲?
ショバン:7曲
ティア:8曲だよ。
ソイパン:MVがあるのは7曲。
ショバン:この記事が出るころには増えてると思う。今5曲書いてるから。

——どのSpotifyプレイリストに選ばれたらうれしい?
クロエ:〈ビルボードTop 100〉。
ショバン:〈Hot Hits UK〉かな。名前を検索しなくても出てくるように、Spotifyのトップページにのせてほしい。
ティア:私はプレイリストのカバー画像が私たちになってさえいればなんでもいい。
ソイパン:私はApple Music派。

——このグループの信念を表す、スローガンをつくるとしたら? 理由も教えて。
クロエ:〈なんでダメなの?〉
ソイパン:確かに、私たちが大切にしてるのは〈なぜ〉じゃなくて〈なぜダメか〉。
ショバン:私たちらしいと思う。周りは気にせず、何にでも挑戦するのが私たちだから。

——踊れないメンバーがいても大丈夫?
ソイパン:踊れないひともたくさんいるから大丈夫だと思うよ。
クロエ:私は踊れるけど、別に気にしない。
ティア:私たちのグループは〈完璧なひとなんていない〉がモットーなんだから、ダンスが踊れなくたって構わない。
ショバン:踊れなくても踊るべき。ダンスは自己表現だから。

——WhatsAppのグループチャットの名前は?
クロエ:〈Xeno (SSTC ONLY)〉。マネジャーに秘密の計画を立てる場所。
ショバン:他にもあるけど、メインで使ってるのはそれ。

——最後に大切な質問です。シュガーベイブス、TLC、デスティニーズ・チャイルド、ガールズ・アラウド、リトル・ミックスのなかでいちばん好きなのは?
全員:デスティニーズ・チャイルド。
クロエ:ごめんね、ブライアン!

303 band photo on a london rooftop
303. Photography Dhamirah Coombes

303

彼女たちは何者?
ティーンエイジャーのマディ、イオ、クロエの3人を結びつけるのは、ゼロ年代のR&Bへの愛。それは彼女たちのデビュー曲「Whisper」のMVに登場するガラケーにもよく表れている。ロンドン出身のイオとマディは、いっしょにTLCの名曲をカバーしていた。ふたりは北部出身のクロエがネットに上げていたドレイクのカバーに感動したのをきっかけに、グループ結成を決意する。

どんなサウンド?
「Whisper」は、今はなき90年代R&Bのスロージャムを彷彿とさせるナンバー。702、SWV、BLAQUE IVORYの楽曲に、わずかに2019年のひねりを加えたような曲だ。ご想像どおり、彼女たちのハーモニーはほぼ完璧といっていいほどの仕上がりだ。

ベストソングは?
「Whisper」。彼女たちの楽曲も今のところ1曲だけだが、デビュー曲としてはかなり完成度が高い。

——グループ名の由来は?
303:結成日が2017年3月30日なの。私たちにとって大切な日だから、名前に取り入れることにした。

——グループのサウンドを5つの言葉で表すとしたら? ひとつは色を表す単語でお願いします。
303:懐かしい、温かい、フレッシュ、ユニーク、紫。

——カルヴィン・ハリス、ショーン・ポール、Migosのメンバーのなかで、いちばんコラボしてみたいのは?
303:Migosのメンバー。

——今の持ち曲は全部で何曲?
303:私たちは常に新曲を書いたり、新しいアイデアを出したりしてる。今のところ満足のいく曲は8〜9曲。だけど、どんどん増え続けてる。

——数年以内にはトップ10に入りたい?
303:もちろん! 若手アーティストなら誰だってそう。トップ10入りは私たちの目標のひとつ。

——どのSpotifyプレイリストに選ばれたらうれしい?
303:〈Have a Great Day!〉に選んでもらえたら最高。それか〈Walk in Like You Own the Place〉に選ばれて、女の子のリスナーにパワーを与えられたらうれしい。あとは〈This Is How We Do〉や〈R&B UK〉〈ソウルトロニック〉。

——このグループの信念を表す、スローガンをつくるとしたら? 理由も教えて。
303:
〈ハングリーな女の子は満足しない〉。

——踊れないメンバーがいても大丈夫?
303:
もちろん! 私たちは3人ともダンスのジャンルも経験値も違うけど、もし誰かが踊れなかったとしても気にしない。私たちがやるのはピルエットじゃなくて音楽だから。

——WhatsAppのグループチャットの名前は?
303:
〈303 family〉。

——最後に大切な質問です。シュガーベイブス、TLC、デスティニーズ・チャイルド、ガールズ・アラウド、リトル・ミックスのなかでいちばん好きなのは?
303:
デスティニーズ・チャイルド!!!

four-of-diamonds girlband laying in the grass
Photo courtesy of Four of Diamonds

Four of Diamonds

彼女たちは何者?
FOUR OF DIAMONDSのメンバーは、ソフィア、キャロライン、ヤスミンの4人。オーディション番組『Xファクター』のシリーズ13を観たひとは、彼女たちを知っているかもしれない。観ていないひとのために説明すると、不幸にも彼女たちのメンターに選ばれたのは、担当した候補者が脱落することで有名な審査員ルイ・ウォルシュで、彼女たちは5週目にして脱落。その後、ヴァージンEMIレコードと契約した3人は、以来個性あふれるダンスチューンを定期的にリリースしてきた。最新曲「Blind」は、プロデューサーにジョナス・ブルーを迎え、カイン・シムズの90年代の名曲「Too Blind to See It」をサンプリングしている。

どんなサウンド?
リトル・ミックスやザ・サタデイズの系譜に連なる、徹底した揺るぎないポップス。

ベストソングは?
複雑な想いを歌ったパーティにぴったりなハウスナンバー「Stupid Things」。

本人たちにも直接質問をぶつけてみた。

——グループ名の由来は?
ヤスミン:
私たちが初めて会ったのはリハーサルスタジオだった。みんなでトランプをしながら名前のアイデアを出し合ったの。何時間も脳みそをフル回転して考えてから、トランプのカードからつけることにした。始めに思いついたのは〈four of hearts(4つのハート)〉だけど、そのあとに出た〈four of diamonds(4つのダイヤモンド)〉のほうがしっくりきて。ダイヤモンドも私たちの絆も絶対に壊れない。私たちはひとつだから。

——グループのサウンドを5つの言葉で表すとしたら? ひとつは色を表す単語でお願いします。
ソフィア:
共感できる、キャッチー、ユニーク、力を与える、赤(赤は目立つし、意志の強さを感じる色だから)。

——カルヴィン・ハリス、ショーン・ポール、Migosのメンバーのなかで、いちばんコラボしてみたいのは?
ローレン:
うーん難しい質問。私はカルヴィン・ハリスかな。彼の曲が大好きだし、あのビートを聴くと踊らずにはいられないから。踊りたくならないひとなんていないよね?

——数年以内にはトップ10に入りたい?
ヤスミン:
もちろん! 10位以内に入れたら最高だし、すごいと思う。自分たちが大好きな音楽をつくり続けて、数年後には実現したい!

——どのSpotifyプレイリストに選ばれたらうれしい?
ソフィア:
Spotifyにはいろいろとサポートしてもらってるから、すごく感謝してる。〈New Music Friday〉に曲が選ばれるたびに、みんなで大喜びしてる。次は〈Hot Hits UK〉に入れたら最高!

——このグループの信念を表す、スローガンをつくるとしたら? 理由も教えて。
ローレン:
良い質問だね! 私たちのスローガンは〈自分を愛して〉か〈自分らしくあれ〉かな。みんながSNSに夢中になってる今の時代には難しいかもしれないけど、ありのままを自分を愛して、流行りに流されないようにすることが大切。

——WhatsAppのグループチャットの名前は?
ヤスミン:
すごくつまらない名前なの。このタイミングで変えたほうがいい気がする。名前はそのまま〈FOD the girls〉。初対面のときからずっと変わってないと思う(笑)。

——最後に大切な質問です。シュガーベイブス、TLC、デスティニーズ・チャイルド、ガールズ・アラウド、リトル・ミックスのなかでいちばん好きなのは?
ソフィア:
こんなに難しい質問ある? うーん…私はTLCかデスティニーズ・チャイルド。R&Bが好きだから。

This article originally appeared on i-D UK.

Tagged:
pop music
Popstars
UK music
303
Girlbands
four of diamonds
unperfect