Quantcast

ストレートアップス:ケイト・モスが育てる次世代モデル4人

ウェブサイトが完成したばかりの<Kate Moss Agency>。ケイト・モスが立ち上げたモデル事務所に所属している4人モデルに仕事の楽しさや将来の夢を聞いた。

Tish Weinstock

This story was originally published by i-D UK.

2016年、ケイト・モスが約30年所属していたモデル事務所を去ると発表し、ファッション界に激震が走った。モデルとして一時代を築いた彼女はこのまま表舞台から姿を消してしまうのか、お店でも立ち上げるのだろうか、さまざまな憶測が飛び交った。

しかし、2016年の秋にケイトはモデル事務所<Kate Moss Agency>を立ち上げた。彼女自身のマネジメントだけでなく、才能あるモデルのマネジメントも行なう事務所だ。モデルからモデル事務所へ。これまで培ってきたコネクションと知識や知恵を生かして彼女は次世代のスターを育てている。「ギャングみたい」と、ケイトはi-Dに自身の事務所について説明してくれた。「仕事が決まると自分のことのように嬉しくなる!一人ひとり教育してファッション業界でやっていくためのアドバイスしたり、彼らが成長する姿を見るのは本当に楽しい」。ウェブサイトを公開したばかりの<Kate Moss Agency>——i-Dは“ギャング”の初期メンバーで注目の4人、アンナ=リア、ルカ、ルイス、そしてエルフィーに話を聞いた。

アンナ=リア・ガードナー(Anna-Lea Gardner)19歳 ロンドン出身

あなたにとって、モデルであるということは?
モデルになれたことがとても幸運だったと思う。モデルになっていなければ絶対に出会えないような偉大なひとたちと仕事ができるんだから。

人として一番大切にし、体現したいものは
優しさ!

若者だからこそできることは?
どう思われるかを気にしないで、自分らしさを打ち出すこと。

将来の夢は?
いま思いつく最大の夢はギリシャの難民キャンプにいるひとたちの助けになること。少しでも世界を良い方向に進めることができたらと思う(できたら劇的に)。

ルカ・アイザック(Luca Isaac)23歳 マルセイユ出身

何をしている人?
音楽づくりとモデル、それとイベントのオーガナイザー。パリのナイトライフに飽きた人のために『Kaliente』というイベントを毎月を開催しています。テーマや雰囲気を変えているから、面白いひとたちがたくさん来てくれる。セットデザイナーと一緒に毎回違う空間を作り出しています。

あなたの世代を、言葉で表すなら?
インターネット、レイヴ、非政治的、人の目をきにしすぎ。

未来への希望は?
カルチャー、アート、ファッション、音楽に起こっている小さな変化がいつか大きな変化を生んでくれるといいなと思う。

エルフィー・ライゲイト(Elfie Reigate)17歳 ロンドン出身

あなたにとって、モデルであるということは?
ひとと出会、行ったことのない場所に行ける機会をくれるもの。

人として一番大切にし、体現したいものは?
全部楽しもうとしている。ジェットコースターからテスト勉強まで全部!

若者だからこそできることは?
どんな状況でも自分に正直でいること。

今は何をしているの?
モデル業と高校の一般教育修了上級レベル(Aレベル)の一年生。モデルの活動は続けたいけど、大学で歴史と政治の勉強もしたい。

ルイス・ベインズ(Louis Baines)20歳 ロンドン出身

何をしている人?
今はモデルをするがとにかく楽しい。モデルは世界を旅して、刺激的なひとたちに多く出会えるんだ。

人として一番大切にし、体現したいものは?
ポジティブな姿勢。

将来の夢は?
いつか自分のシーフードレストランを開きたい。

Credits


Text Tish Weinstock
Photography Finn Constantine
Makeup India Excell using MAC Cosmetics
Translation Shinsuke Kuriyama at WORDSBERG Inc.