Photography Ron Galella via Getty Image

ニルヴァーナの未公開デモテープが公開

ニルヴァーナが最初のレコーディングで録られた、『ブリーチ』のデモも聴くことができる。

by Roisin Lanigan; translated by Yuichi Asami
|
25 January 2018, 5:22am

Photography Ron Galella via Getty Image

年末年始のお酒やジャンクフードの摂取、その他の楽しいイベントも終わってしまって憂鬱になるのは、もはや新年の定番だ。それはつまり、悩ましくて怒りのこもったグランジを聴くのに最高の時期がやってきたということでもある。悩めるグランジ・キッズたちの部屋に貼ってあるポスターに必ずいたバンド、ニルヴァーナの未公開の激レアなデモテープを聴くこと以上に、それに最適な方法はないだろう。

ニルヴァーナの初期の活動をワシントン州タコマで見守っていたミュージシャン、ジョン・パーキー(John Purkey)によって世に出回ることとなった今回のデモテープ。この音源はカート・コバーンが直接ジョンに渡したもので、初期の未公開曲が2時間も録音されている。デモテープは現在YouTubeに公開されており、ドラマーのデイヴ・クローヴァーと1988年に行った初めてのセッションから、チャド・チャニングが参加した『ブリーチ』や『ネヴァーマインド』の楽曲も聴くことができる。

また、ジョンはニルヴァーナについて語るYouTubeチャンネルを開設しており、今回未公開のデモテープを手にした経緯について語っているほか、数年間に渡って金属のボックスに保管していたこと、そのうちの1つが友人の車内から盗まれてしまったことを明かしている。最終的にジョンは2つのデモテープを売ってしまったのだが、その前にオンライン上に無償で公開してくれたのだ。

ジョン・パーキーが投稿した動画はこちら。

This article originally appeared on i-D UK.

Tagged:
Music
NIRVANA
kurt cobain
nevermind
Bleach
john purkey